BT

SOAのゴールポストの移動

| 作者: Boris Lublinsky フォローする 1 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2008年10月28日. 推定読書時間: 4 分 |

John Evdemon氏は、最近の投稿の1つで、業界がSOAに関して定義、再定義、およびそれ自体を否定しようとしている(リンク)と指摘している。定義は一貫性なく可能なあらゆる方向へと向かった。

まず、一般的な疎結合(リンク)についてだった。

WebサービスとSOAの登場により、我々はより疎結合なシステムとアーキテクチャの構築を追い求めてきました。疎結合なシステムは、動作中における他のコンポーネントとの遅れたまたは動的な結合に対するサポートなどの多くの利点を提供します。また、コンポーネントのストラクチャ、セキュリティモデル、プロトコル、および意味論の差を調整できるため、不安定さが排除されます。

次に、再利用(リンク)が中心的な話題となった。

ソフトウェアの再利用というのは、核となる概念は、元々構築されていたものからさらなる価値を得ることであるため、新しくはありません。SOAの前は、組織内の事業単位間のコミュニケーションと集中型の制御が欠けていたために、同じソリューションが何度も繰り返し再開発されていました。組織内の事業単位全体で重複するサービスが作成されないようにするために、ビジネスアナリストやアーキテクトなどのSOA利害関係者は、既存のビジネスサービスを探し、それらをよく知られた系統立った方法で再利用する目的で有用性を評価できなくてはなりません。

実際の再利用はあまりにも複雑で(リンク)、必ずしも達成できるわけではないということが分かるまで、

再利用可能なサービスを作成するには、将来を予測する必要があります... サービスの作成者は将来のアプリケーションに必要なものをどのようにして正確に推測できるでしょうか? 「If-you-build-it-they-will-come(作れば何かが生まれる)」アプローチが実際の再利用になるのは難しいことです。また、他のグループが再利用できるコンポーネントを構築するという組織的インセンティブは、あったとしてもわずかです。

次は、ビジネスプロセスの疎結合(リンク)についてになった。

配線プロセスはばかげたことなので、きっぱりと排除しましょう... 疎結合は、我々にビジネスアクティビティのあらゆる側面に関する考え方を再検討させるでしょう... また、ビジネス運用の管理方法に大きな影響を与えるでしょう。分厚いプロセスマニュアルにはビジネス運用への配線アプローチの証が残っています。すべてのアクティビティを前もって詳細に指定し、すべてのアクティビティを慎重に監視して標準からの差異を排除してください。できるだけ動作を厳しくしてください。疎結合なビジネスプロセスはまったく違うように動作します。

ある時点で、SOAは不十分になり、EDA(Event Driven Architecture; イベント駆動型アーキテクチャ)は(よりポピュラーな)SOAの代替になった(リンク)

EDAは、SOAによって約束されているが実現されていない疎結合を実現します。同期のcommand-and-control(指揮統制)タイプのパターンではありませんが、正反対の、非同期のpublish-and-subscribe(パブリッシュ・サブスクライブ)タイプのパターンです。パブリッシャーはサブスクライバーにまったく気付かず、その逆もまた同様です。コンポーネントは、メッセージの意味論のみ共有するという意味で疎結合です。

次に、ビジネス/ITの連携(リンク)についてだった。

SOAは、オブジェクト指向の設計とコンポーネントベースのソフトウェア開発方法論の卑しい生まれから、高度な期待領域に移りました。SOAは、単にITをリメークするように設計されているだけではないという話です。ITが担うビジネスも変革する特効薬になります。

そして最後に、SOAは技術とは無関係である(リンク)ことが分かった。

驚きです。SOAは技術を必要としない最初の技術のようです。大きなベンダーは、SOAベースのアーキテクチャの道を進んでいる限り、あなたが技術の観点で行うことはそれほど問題ではないと言います。

こうした定義の顕著な非一貫性は、いくつかの主な要因から生じているようである。

  • SOAはどんなアーキテクチャにも劣らないほどかなり複雑であり、複数の懸念がある。SOAの実装経験を積むほど、アーキテクトも開発者もこれらの実装の一部として見なし始める必要がある多くのことを発見する。これはゴールポストをあまり動かしていないというよりも、「競技場」の真のサイズを認識しているのである。 
  • 人々は多くの場合、まさに実行することを正確に定義するのではなく、「ファッショナブル(流行)」であることに関心を寄せている。現在のSOAの人気を考慮して、多くのものが、そこに属しているからではなく、用語がCEO/CIOの関心を引いたため、人為的にSOAに組み込まれている。これはゴールポストをあまり動かしていないというよりも、管理からより多くの関心を引くために人気のある専門用語を利用しているのである。
  • 人々はいつもSOAアーキテクチャとSOAプラットフォーム/実装を混同しがちである。SOAアーキテクチャは変化しないが、プラットフォーム/実装のゴールポストは顧客要件のより優れたサポートへと常に移動する必要がある。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/10/SOAGoalPost

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT