BT

MicrosoftがマルチタッチをWindowsに実現

| 作者: Jonathan Allen フォローする 595 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2008年10月31日. 推定読書時間: 2 分 |

今年のPDCで、MicrosoftはSurface SDKを公式に発表することを計画している。これは、マルチタッチテクノロジーをWindowsオペレーティングシステムへ実現するための次のステップとして見られている。CNETのIna Fried氏によると、Microsoftは消費者市場をオペレーティングシステムに再び集中させるための試みとして、Windows 7にマルチタッチ(リンク)を統合する。

1. マルチタッチはユビキタスである。すべてのWindowsマシンがそうだという意味ではない。Appleが自社のコンピュータで同様の機能を装備し、Windows 7の出荷日よりも早期であることを期待する。

2. Windows 7に先行する数多くのマシンが出てくる可能性がある。このことによって、PCメーカーがVistaマシンにさえタッチスクリーンを組み込むよう促されることを期待する。そうすれば、「7に耐えられる」ことができる。タッチは多くの形で提供される。身ぶりを感知するタッチでは、すでにラップトップのタッチパッドが費用効率が高いことが判明しており、フルスクリーンタッチ以外にも、他に身ぶり認識アプローチが現れる。

3. ユーザインターフェイスは、Microsoftの長期的な目標である、OSを重要にするという点において主なセールスポイントである。 WindowsはAppleの攻撃にさらされているだけではない。 ブラウザベースのアプリケーションであろうが、Webオペレーティングシステムであろうが、OSの関係を薄弱にさせる勢力による攻撃の対象にある。

一歩先んじたスタートを希望しているデベロッパは、PDCでのプレゼン(リンク)に出席することが望ましい。

このセッションでは、新たに利用可能なMicrosoft Surface SDKの紹介がある。Microsoft Surfaceコンピューティングの特異な属性については、ScatterViewのようなビジョンベースのオブジェクト認証およびコアコントロールを探究し、Surface SDKがWindows 7やWPFのマルチタッチデベロッパロードマップとどのように協調するのかを学ぶ。その他に、拡大しているMicrosoft Surfaceのパートナーエコシステムの一部になる方法を学び、WPFおよびVisual Studioへの既存の投資を活用して、魅力のあるエンドユーザアプリケーションをビルドする。このセッションの出席者は、Microsoft Surface SDKへアクセスすることができる。

MicrosoftのISV Developer CommunityのJared Bienz氏(リンク)は、SDKがすべての出席者が獲得する一般的なパッケージの一部になると考えている。 しかしながら、その発表における言い回しが、制限つきであることを示唆している。 Ina Fried氏による別の記事では、MicrosoftがSDKの上限を1200コピーにした(リンク)ことを述べている。

 

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/10/Surface-SDK

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT