BT

Article: 消費者主導契約を使ったサービス指向開発

| 作者: 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2008年11月8日. 推定読書時間: 1分未満 |

SOAへの移行により、ソフトウェア開発のライフサイクルには新たな課題が山積されます。組織がこうした課題に対応するためにサービス指向開発能力を増強した場合に限って、対処が可能です。

本稿では、組織のサービス開発能力改善を目指した実用的な提案をします。SOAがソフトウェア開発のライフサイクルにもたらす課題をまとめた後 に、消費者主導契約がどのようにしてサービス指向開発のライフサイクルを強化できるかを説明しますが、消費者主導契約は「サービスのためのストーリ」と、 サービスの開発ストリーム間で交換する単体テストという形式をとります。


続きを読みたい方は、以下URLをクリックしてください。
http://www.infoq.com/jp/articles/consumer-driven-contracts


SOAに関する他の話題が気になる方は、以下URLで表示される一覧よりアクセスしてください。
http://www.infoq.com/jp/soa

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT