BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース WebSphere 7.0がJava EE 5、Webサービス機能拡張、Web 2.0 Feature Packをサポート

WebSphere 7.0がJava EE 5、Webサービス機能拡張、Web 2.0 Feature Packをサポート

Leia em Português

ブックマーク

IBM Websphere(リンク) Application Serverの最新版では、JDK 6.0(リンク)、EJB 3.0(リンク)、Webサービス機能拡張やWeb 2.0 Feature Packをサポートしている。IBMは先日、Websphere Serverバージョン7.0のリリースを発表した(リンク)。この新しいバージョンには、JAX-WS、SOAP 1.2、MTOM、WS-ReliableMessaging、WS-Policy、Kerberos Token Profileのサポートを含むWebサービスの機能拡張も盛り込まれている。

新しいバージョンでWebSphereはJava EE 5(リンク)の認定を完了したが、その中にはEJB 3.0のサポートとJava Persistence API(JPA)も含まれている。Web 2.0 Feature Packは、既存のSOAおよびJava EEの資産を活用して、オープンなAsynchronous JavaScript and XML(AJAX)開発フレームワークを通してWebアプリケーションを提供している。

新しいWebSphereアプリケーションサーバのその他の機能としては、以下のものがある。

  • 新しいWebサービスのサポートには、WS-Business Activity(リンク)やWS-Notification(リンク)、WS-I Basic Security Profile(リンク)などのような、WS-*標準が含まれている。
  • WebSphere Application ServerでのJPAサポートはOpenJPAプロジェクト(リンク)に基づいているが、これはApacheによるJPA実装フレームワークである。
  • WebSphere 7.0の他の技術との統合サポートには、Springフレームワーク、Service Component Architecture(SCA(リンク))やWebSphere MQ(リンク)、WebSphere ESB(リンク)などの製品がある。

Web 2.0 Feature PackはWebSphere Application Server V7.0のオプションの製品拡張で、以下の機能を含む。

  • Ajaxクライアントおよびマッシュアップから、外部Webサービス、内部SOAサービス、Java EEの資産への接続性を可能にするための、Web 2.0からSOAへの接続性。この接続性はAtom Syndication Format(ATOM(リンク))およびReally Simple Syndication(RSS)のWebフィードを通して、企業データを顧客やパートナーにも拡張している。
  • AJAXクライアントを株価やインスタント・メッセージングのようにリアルタイムで更新されるデータに接続するためのAJAXメッセージング。
  • Dojo (リンク)Javascript AJAXツールキットを基にIBM機能拡張を付加したWebSphere Application Server用のAJAX開発ツールキット。
     

新しいバージョンのサーバでは、次のような新しいプログラミングモデルのサポートも提供している。

  • Session Initiation Protocol(SIP(リンク))の高可用性オプションによる、SIP実装の可用性のパフォーマンス向上。
  • 新しいWebサービスの開発を簡単にする、JAX-WS 2.1のサポート(リンク)
  • JAXB 2.1のサポートは(リンク)、JavaプログラムからのXML文書へのアクセスを簡単にしている。
  • Portlet 2.0(JSR 286(リンク))のサポート。Javaポートレットのこの仕様では、イベントを送受信し、同じWebアプリケーション内に配置されたサーブレットやJavaServer Pages(JSP)と共有するポートレットの状態セッションの属性を変更することが可能である。

WebSphere 7.0にはWebSphere Application Server Community Edition 2.1も(リンク)含まれているが、これは軽量なJava EE 5のアプリケーションサーバで、オープンソースのApache Geronimo(リンク)の技術上に構築された。コミュニティエディションに加え、最新版では以下のものを含む様々なサーバ構成を提供している。

  • WebSphere Application Server Express (v7)
  • WebSphere Application Server Network Deployment (v7)
  • WebSphere Application Server for z/OS (v7)

Billy Newport氏は先頃、WebSphere ND 7.0と新しい64 bitのIBM Java 6仮想マシンやこのバージョンのJVMで提供されているポインタの圧縮機能等に関するブログを書いた(リンク)

この新しいリリースでは、セキュリティやアプリケーション開発、システム管理といった領域での機能拡張も提供している。ランタイム・プロビジョニングおよびOSGi(リンク)の技術により、メモリや領域に必要な機能だけを動的に選択し、アプリケーションサーバのフットプリントを削減する。新たなWebSphere Business Level Applications(WBLA)は、複数構成アプリケーションの管理を助け、管理タスクを単純化する。さらにIBM Rational Application Developer for WebSphere V7.5では(リンク)、新しいWebSphere Application Server機能もサポートし、Java開発者がJava/JEEのWebアプリケーションを開発し、アセンブルし、デプロイするのを支援する。

WebSphere Application Server version 7.0のフリーの試用版はダウンロード可能である(リンク)。フリーのコミュニティエディション版もWebサイトからダウンロードできる(リンク)。どちらのダウンロードもIBMのWebサイトでのユーザ登録が必要である。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/11/websphere7-release

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT