BT

最新技術を追い求めるデベロッパのための情報コミュニティ

寄稿

Topics

地域を選ぶ

InfoQ ホームページ ニュース Crack.NET – GreasemonkeyのようなWinFormsおよびWPFアプリケーション向け

Crack.NET – GreasemonkeyのようなWinFormsおよびWPFアプリケーション向け

Leia em Português

ブックマーク

90年代、しばしばアプリケーションデベロッパは、COM Automationを通じてAPIを公開した。これにより、豊富な拡張ポイントを通じてサードパーティデベロッパは実行中のアプリケーションに接続した り、操作したりすることができる。残念なことに、相互運用性の精神は.NETの時代に、大きく脇に追いやられてしまった。

Crack.NET(リンク)は、WinFormやWPF ベースの.NETアプリケーションを開放することで、その力を取り戻そうとしている。Visual Studioのプロパティインスペクターを惨敗させた、豊富なGUIを使用して、ユーザはたいていの.NETアプリケーションに接続することができる。こ れは完全に.NETインフラに依存しているので、もとのアプリケーションデベロッパは、明確なフックを提供する必要がない。

いったん接続すると、ユーザは実行中のアプリケーションを自由に探査したり、操作したりすることができる。しかしながら、スクリプ記述時に真の機能が発揮される。IronPythonスクリプトで、デベロッパは実行中のアプリケーションにコードを注入して、欠落していると思われるあらゆる機能を追加することができる。

.NETおよびDLRがますます人気が出てきているので、拡張を目的としていないアプリケーションのアドオン向けの家内工業が新たに出現するかもしれない。

 

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/12/Crack-Net

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT