BT

LINQ to SQL、次のステップ

| 作者: Jonathan Allen フォローする 594 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2008年12月10日. 推定読書時間: 4 分 |

Microsoft ORMでの多くの問題やLLBLGen、nHibernateおよびOpenAccessな どの多くの選択肢があるにもかかわらず、デベロッパの多くはMicrosoftのテクノロジーを使用するように強いられている。というのも企業や顧客がそ れを望んでいるからである。また、その2つのオファリングでは、たいてのデベロッパはEntity Frameworkは実行可能なオプションではないと考えているようだ。それでは、それらは何か?

Steel Priceは、Linq to Sqlの消滅をないがしろにし(リンク)、それが動作するので継続して使用する。Entity Frameworkに関して、氏は基礎を構成するコラムにアクセスできないことについて書いている。

「John氏によって更新されたすべてのアドレスを提供してほしい」などという関連付けは決して使用しない。これらをさらに悪化させるため、すべてのログインオブジェクトやこれを好むリファレンスをロードしなければ、AddressのCreatedByIdを取得することさえできない。プログラミングやクエリーの作成時に Address.CreatedByLogin.LoginIdを搾取する。

これに対処する方法はあるのか?当然あるが、非常に複雑で、退屈すぎるので、L2Eを使用することは作業の80%が複雑すぎる。特別な機能複雑マッピングが必要な20%の場合、かなり簡単に動作するので、LLBLGen ProやOpenAccessを使用しているだろう。

C# MVPのDavid Hayden氏は、多くのデベロッパの感情に賛成の意見を表明している。LINQ to SQLオープンソースを作成することである(リンク)。さらに1歩進み、その設計に派生しているコミュニティとASP.NET MVCと同様の方法で管理されるべきだと提案している。

MicrosoftがLINQ To SQLのオリジナルの開発チームを再び任命し、オープンソースとしてCodePlexに配置される.NET 4.0のリリースを取りまとめることを強く勧める。Entity Frameworkへのあからさまな偏りを考慮すると、ADO.NETチームが、LINQ To SQLに適切なことをする可能性はない。

新しいチームがASP.NET MVC Teamと同様のテスト可能で、頑なで、軽量O/R Mapperを取得できるアプローチを使用することを勧める。O/R Mapperは継続的なコミュニティのフィードバックに注意を払った、CTPリリースをしばしばおこなう。

別のMVPであるIan Cooper氏は、LINQ to SQLもEntity Frameworkもまったく適切でないと考えている。

EFにおける問題で、自信がないことは、単に競合を排除するだけでは解決できない。受け止めなけらばならないのは、批判にたいする理解が広まっていること である。しかし、その発表はLINQ To SQLがEFより優れたソリューションである分野を示していない。L2Sには多数の機能がある。ドメイン第一のサポート、POCO、生成済みSQLのパ フォーマンス、遅延ロードなどEFが本当に必要なものである。こうした強みが公に認識されないと、ADO.NETがLINQ To SQLがそうした積極的なサポートがある理由を理解しているかどうか疑問が残る。

LINQ to SQLをkillするのではなく、Microsoftは間違いをしたことを認め、その強みに基づいたことからやり直す(リンク)ことを提案している。

MSがLINQ To SQLおよびEntity Frameworkの両方に取って代わるものであるとの発表が、さらによい結果であった。productsandビルドのような新しいものからフィード バックを得る。「LINQ to Relations」または「LINQ to RDBMS」と呼ぶ。コストを削減するために再使用できるところを再使用する。L2SやEFデベロッパが、ORMの次のイテレーションで直面するものより APIの変更が重要であるとは想像できない。

[…]

たいてい、Faulkner氏のアドバイスを受け、自分のdarlingをkillする準備をする。ときどき、もっとも投資した機能が再考の対象にはならない。

リリースは早く、よくある。

最後に、Scott Allen氏は、そもそもデータベースにフォーカスすることを疑問視している。

LINQ to SQLクラウドの内部は、Entity FrameworkのようなORMタイプに取って代わる汎用データマッピングフレームワークの基礎を形成する。フレームワークは、オブジェクトツーオブ ジェクトマッピングの作業を取り出し、 XHTML、JSON、CSVなどさまざまなフォーマットから追加のマッピング機能を提供する。変換、メッセージングおよびデータは、たいていの大規模ア プリケーションにおいては日常よくあることで、同様の方法でこの作業の実装を簡単にし、テストするフレームワークは、生産性にとっては恵みである。

 

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/12/DLINQ-Next

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT