BT

Microsoft Robotics Developer Studio 2008のリリース

| 作者: Al Tenhundfeld フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2008年12月17日. 推定読書時間: 2 分 |

近ごろ開催されたRoboDevelopment Conference(リンク)にて、MicrosoftはRobotics Studio 2008 (RDS)の最終リリース(リンク)を発表した。RDSは、さまざまなハードウェアプラットフォームでロボット工学応用を作成する趣味としているデベロッパ、学問的 なデベロッパおよび商業デベロッパ向けのWindowsベース環境である。RDSはプログラマでない人に、ビジュアルプログラミング環境を使用して、ロ ボット工学応用の作成 をし、それからそのロボットを三次元の物理ベースの環境でシミュレートできるようにする。

RDSには2つのコンポーネント(Concurrency and Coordination Runtime (CCR)およびDecentralized Software Services(DSS))で構成される.NETベースのRESTfulランタイムが組み込まれている。RDSでは、C#またはVB.NETおよび Microsoft Iron Pythonなどのスクリプト言語を使用して、ロボット工学応用をMicrosoft Visual Studioおよび Microsoft Visual Studio Expressに開発することができる。

リリースノート(リンク)で特に強調されている点は、以下のとおりである。

  • 新たなサンプルおよびチュートリアル(リンク)
  • 64ビットマシンをWindows-64のMS Windows-32を通じてのシミュレーション
  • Visual Studioプロジェクトウィザードおよびテンプレートの統合
  • DSSプロキシの高速生成
  • 組み込みビジュアルシミュレーション環境

オプションのライセンス交付が変更されたことに気を配ることは重要である。以前の商用ライセンスおよび非営利ライセンスが、以下の3つのオプションに取って変わった。

専門的なデベロッパ向けのStandard Edition、学生や学術研究者向けのAcademic Editionおよび趣味の範囲のユーザや一般ユーザ向けのExpress Edition。新たなStandardおよびAcademicエディションの各ライセンスでは、ユーザはCCRおよびDSSランタイムのコピーを無制限 に配布することができる。

 

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2008/12/rds2008

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT