BT

Article: 真のSOAへの冒険

| 作者: Alex Maclinovsky フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2009年1月15日. 推定読書時間: 2 分 |

私が12才のときに初めてJ.-H. Rosny Aine氏のQuest for Fireを見つけてから、冒険ジャンルに魅了され続けています。私にとって、冒険の特質は、捉えどころのないゴールを追求して、長くて危険な旅行に乗り出 して、最終的には、いつもどおりに初めに発見したものより価値があって重要で、すごいものを見つける多彩な人物の一団に関する物語です。素晴らしいオズの 魔法使いからロードオブザリングまで、私はそれらの話に夢中にならざるをえませんでした。

私は、冒険をSOAに関する私の考えの進化に対する完全なメタファとして用い、ガバナンスに関する私の考えと業界で浸透しているそれとが何故違って いるのかについて、若干の光を投じようと思います。2004年の秋、私はEAIとSOAプラットフォームの主要ベンダーで働いていました。当時、SOAは 熱く、マーケティングでも製品はSOAでした。言うまでもなく、競合相手もそれらの販売についてはまったく同じことを言っていました。しかし、私たちが自 身の領域をエンタープライズでの実現に広げれば広げるにつれ、マーケティングメッセージのすべてが正確というわけではないということが明らかになってきま した。あなたが弊社製品を得て、私たちの方法論を採用し、ガイドラインやベストプラクティスに従ってそれらを実行した場合(私たちのプロフェッショナル サービスを利用したとしても)、最終結果はSOAではないでしょう。少なくとも、SOAではない方法となるでしょう。それが作られることで、特定の目的に 機能し、役に立つでしょう。しかし、それは数年早く想定されたので、SOAの当初の目的を果たすことはほとんどないでしょう。そして、それは用途が広く、 大きな粒度、疎結合、動的に検索可能、容易に組み立て可能、楽に再利用できるサービスといったことを含んだ約束で、ビジネスとITの両方にアピールできる ような SOAの考えになっていて、すべてのCIOの戦略プラン、RFI/RFP、製品機能リストについて、必要なものを順々につくりました。これは、私たちの製 品の批評ではありません。私たちは、当時、他の人と同じようにそれをSOAと呼ぶ権利がありました。問題は、SOAの定義自身にあります。その考えが一般 的になると、それを「完了した」と宣言しようと急ぐことがありました。そうするために、ベンダーとIT組織は、一様に、彼らのソリューションがサポートし ているものをベースとした定義を微妙に変えました。結果として、すべての人がSOAを得たものの、ほとんどの人がそこからメリットを得られませんでした。

 

続きをお読みになりたい方は、以下URLをクリックして下さい。
http://www.infoq.com/jp/articles/quest-for-true-soa

 

SOAに関する他の話題が気になる方は、以下URLをクリックして表示される一覧よりお選びください。
http://www.infoq.com/jp/soa

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT