BT

InfoQ ホームページ ニュース XenServerの無償提供により、Citrixが仮想化市場を変える

XenServerの無償提供により、Citrixが仮想化市場を変える

ブックマーク

1年半前に5億(US)ドルでXenSourceを買収した後、Citrixは「すべてのユーザに無償で無制限の製品の配置」が可能なXenServer(リンク)の最終版を提供している。この動きは、クラウドコンピューティング時代における仮想化市場に大きな影響を与えそうである。

XenServerは タイプ1(リンク)で、エンタープライズクラスのクラウドを意識した仮想化ソリューションである。「集中型のマルチノード管理、マルチサーバリソースの共用および完全なライブ動作」を提供する。Citrixはすでに世界中で5,000ものデータセンターに電源を供給している。ハイパーバージョンを無償で提供し、 Citrixは仮想化市場にさらに深く浸透していくことを望んでいる。

世界中の75%を越える企業サーバがいまだに仮想化されていない状況で、エンタープライズデータセンターに史上初クラウドの簡易性、拡張可能性および実用性を実現することによって、今日の発表は仮想化の導入を促進するものとなる。

Citrixは、以下の主要機能を装備することでソリューションが主な競合であるVMware ESXiより優れていると考えている。

集中型のマルチサーバ管理

回復力を持つ分散管理アーキテクチャ

ライブな動作

共用VMテンプレートライブラリ

集中型の構成管理

仮想インフラのパッチ管理

インテリジェント初期VMの配置

インテリジェントサーバメンテナンスモード

微粒子のCPUリソース制御

交換可能なディスクおよびNIC

最高の製品のいずれか1つを無償で提供して利益を上げるために、CitrixはXenServerおよびHyper-V向けのCitrix Essentials(リンク)の可用性を発表した。それは、CitrixおよびMicrosoftの仮想化プラットフォームを対象にし、VMLogixの管理および自動化テクノロジー、特にLabManagerおよびStateManagerを統合する。主要な機能は以下のとおりである。

  • 自動化されたラボ管理が、アプリケーションの構築、テスト、共有および提供のプロセスをスリム化する
  • CitrixR®StorageLink™テクノロジーを呼び物にした高機能なストレージ統合
  • 動的プロビジョニングサービスが、コストを削減し、データセンターインフラを最適化する
  • ワークフローの統合により、ユーザは主要な管理プロセスを自動化することができる
  • 高可用性により、高機能なオプションを幅広く提供する

Citrixは、XenServerの可用性を2009年3月下旬までに発表し、XenServer向けのCitrix Essentialsの可用性を2009年4月7日に発表する。XenServerの無償ダウンロード(リンク)およびEssentialsの30日間のトライアルバージョン(リンク)がテスト可能である。

 

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2009/02/Free-XenServer

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。