BT

Visual Studio 2010およびWiX 3.0での管理Custom Action

| 作者: Jon Arild Tørresdal フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2009年2月17日. 推定読書時間: 5 分 |

以前にInfoQで取り上げたように(参考記事)、WiX 3.0はVisualでシップされることになっている。WiXは、現在利用可能なVisual Studio Setup Projectよりもはるかに柔軟であり、管理コードをサポートし、Windows Installerと対話する。作成者は、C#、VB.NETまたは他の.NETプログラミング言語を使用することができる。これにより、インストール作 成者にとって主な痛点である、デバッギングが可能になる。

WiXでDeployment Tools Foundation(DTF)を使用し、管理Custom Actions(CA’s)をサポートすることで、デベロッパはもはやC++やスクリプト作成(VB ScriptまたはJavaScript)を使用して、CA’sを作成する必要がない。DTFは、 msi.dllに加えて管理.NET wrapperがあり、ユーザは完全なMSI APIにアクセスすることができる。C#のCAメソッドは、以下のような感じになる。

[CustomAction]
public static ActionResult CustomActionName(Session session)
{
...
}

CustomAction属性は、CAとしてメソッドにタグを付ける際に使用される。Sessionオブジェクトは、Windows Installer API に対するアクセスをデベロッパに提供し、MSIデータベース、アクセスプロパティなどを参照できるようにする。これは、スクリプト作成またはC++で実行 される既存のCA’sの場合に非常に良く似ている。

WiXで上記のCAを使用するためには、以下のようにWiXプロジェクトで登録される必要がある。

<CustomAction Id="someID" BinaryKey="someKey" DllEntry="customActionName" Execute="immediate"  Return="check" />
<Binary Id="someKey" SourceFile="someCustomAction.CA.dll" />

UISequenceでCAを実行すると、以下のようになる。

<InstallUISequence>
  <Custom Action="someID" After="CostFinalize" Overridable="yes">NOT Installed</Custom>
</InstallUISequence>

WiX 3.0は、現時tはCA'sであるが、すべてのWiXユーザに利用可能な一連のデフォルトアクションを提供する。 デフォルトのアクションが利用可能な領域は、以下のとおりである。

  • IIS
  • Com+
  • MSMQ
  • SQL

完全なリストは、WiX 3.0ドキュメンテーション(リンク)を参照のこと。

例として、IISで新たなWebサイトの作成に必要なWiXソースコードは、以下のとおりである。

<iis:WebSite Id='DefaultWebSite' Description='Default Web Site'>
  <iis:WebAddress Id='AllUnassigned' Port='80' />
</iis:WebSite>

Windows Installerチームが管理Custom Actionをサポートしない理由を、多数の人が尋ねている。Rob Mensching氏(リンク)(WixのDevリード)が以下のように説明している。

…一年前、Carolyn氏(MSIのDevマネージャ)および数名のWindowsアーキテクトとおこなった、管理コードCustom Actionに関する討論の成果(リンク)を、ブログに投稿しました。そのブログ記事を要約すると、2つの問題がありました。まず最初は、技術的な問題であり、管理 コードCustom Actionが別々のプロセスで実行される必要があるということです。2点目は、WindowsプラットフォームにはCustom Action数を削減するための、戦略的な目標があります。

そのブログ記事を掲載したとき、DTFにその両方の問題を抱えていました。ブログの掲載から1ケ月位たって、Jason氏はプロセス間通信メカニズムを実装し、管理コードCustom Actionを別のプロセスに移行(それでもWindows Installerと通信できる)することで、その技術的な問題に取り組みました。

InstallShieldは、2009バージョンでは管理Custom Actionのサポートをする(リンク)が、Rob氏による上記の2点が解決されていないソリューションがあり、デバッグは不可能である。Christopher Painter氏は、DTFがより優れていると感じている理由(リンク)を説明している。

  1. DTFはCLRの確定バージョンでのmsiプロセスのtatooingの問題を解決する。
  2. 依存性に関して、MakeSfxCaはより柔軟で、直感的である。
  3. MSIの相互運用性オブジェクトモデルは、C#コードの観点から見ると、より優れている。
  4. ホスティングプロセスでは、デバッグが容易である。
  5. オープンソースであるので、問題が簡単に見つけられ、それに対する対策がすぐにとられる。
  6. ベンダーロックインがない。 InstallShieldとの統合を含む、さまざまな方法でカスタムアクションを構築し、使用することができる。

WiX 3.0のリリースは近い。現在、修正しなければならないバグ(リンク)があり、Visual Studioチームがそれをおこなうことになっている(リンク)ので、Votive(Visual Studioのアドオン)を統合することができる。最新バージョン3.0.5006.0は、毎週のリリース(リンク)からダウンロード可能である。

 

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2009/02/WiX30

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT