BT

InfoQ ホームページ ニュース 実利的なSOAガバナンス

実利的なSOAガバナンス

ブックマーク

SOAガバナンスに関する記事(リンク)の中で、MuleSource(リンク)のCTOであり共同創始者であるRoss Mason氏が、こんにちの世界ではSOAのトップダウンの考えは流行遅れであることを述べ、ガバナンスやSOA全般に対するより実用的な現実世界のアプローチを駆り立てている。

Mason氏は、従来の企業には「SOAコンピテンシーセンター」があることを説明している。それは、

企業全体でSOAの取り組みを指揮し、調整し、実施し、また測定する義務を負う集中型のオフィスである。このチームは、理想的には調整された企業規模の SOA計画を作成および実行し、サービスの目録を作り、SOAレジストリ/リポジトリのようなソフトウェアツールを通じた再使用を施行/測定する。

このアプローチは非効率的だと証明されたことを述べ、エンタープライズSOAイニシアチブで予想された収益を上げた企業は20%にすぎなかったという、 Burton Groupの調査報告書(リンク)を引用している。氏は、何年も存在しているガバナンスツールやテクノロジーへの投資にもかかわらず、「なぜ企業はSOAで成功する ためそれほどまで懸命に奮闘しているのか?」という質問をしている。氏はこのようなツールを使用するために、人びとによって要求された重大な振る舞い上の 変更がその失敗の原因だとしている。それどころか、(Martin Fowler氏(リンク)を引き合いに出し)ツールが人びとや既存のプロセスに順応することを提言し、それがどのように達成されるかの例を引用している。

  • SOAガバナンスツールは、バージョン制御システムと統合されるべきである。
  • そのツールは、リリースサイクルの一部として、レジストリ/リポジトリへ自動的にサービスを公開すべきである。
  • ツールがバグ追跡システムに統合される場合、重要なバグが浮上する。
  • エンタープライズアーキテクトによる長々とした要求の文書は、自動化ポリシーとして実装可能かつ実装されるべきである。デプロイメントプロセスを大幅に変えることなく、(要求のさらなる遵守)およびデプロイメント時間の削減につながる。

関連したブログ記事(リンク)で、氏はMuleSource(リンク)製品を使用してこれを実行する具体的な方法例を紹介し、SOAガバナンスが再検討される必要があることを強調している。

特に、SOAの進展およびより実利的なアプローチ(たとえばREST、SaaS、Web 2.0、エンタープライズマッシュアップなど)の出現(および拡大)に照らして再検討すべきである。(そしてその日の終わりには)素晴らしいSOAガバナ ンスツールが、Operationスタッフの暮らしをますますらくにしているだろう。

ブログ記事(リンク)の他に、オリジナルの記事(リンク)も忘れずに参照したい。

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2009/02/pragmatic-soa-governance

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。