BT

ケーススタディ:CISCOにおけるSOAでの成功

| 作者: Jean-Jacques Dubray フォローする 3 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2009年2月3日. 推定読書時間: 3 分 |

CiscoのSOA/BPMドメインのリードアーキテクトであるHarvinder Kalsi氏が、サンタクララでのSOA Consortium(リンク)の12月会議で、ケーススタディのプレゼン(リンク)をおこなった。それは、ホリスティックなSOAアプローチを採用して、CiscoのCommerce Transformation Iniativeを支援することに関してであり、Ciscoをネットワークギアベンダーからソリューションベンダーに変換することを目指している。

Harvinder氏は、SOAを以下のように考えている。

ビジネス機能を提供可能にし、サービスのセットとして消費可能にするポリシー、原理およびフレームワーク。

以下を強調する。

SOAのサービスは、ビジネスサービスであり、顧客の引用をアップデートすることは、ビジネスサービスであり、データベースの記録のアップデートは違う。

氏の意見では、われわれはSOAの転換期にいるという。2008年現在、標準およびテクノロジーはかなり成熟しておち、業務上の利益は膨らんでいることを主張している。このケーススタディでは、ビジネスはSOA開発の主要因だった。

4つのステップの成熟度プロセスを使用し、SOA戦略を構築した。

  1. サービス可能なレガシーシステム
  2. ビジネスサービスレイヤーの作成
  3. ビジネスプロセスを実現する
  4. ビジネスへの可視性を提供する

SOAのアプローチによって生まれるメリットには、以下がある。

  • 再使用可能性
  • アジリティ
  • 変更への最小限の影響

結局、氏の意見では、SOAはCiscoが社内で所有している機能を得ることを可能にし、それをパートナーエコシステムに提供することで、サプライチェーン全体にメリットを拡大する。

しかしながら、疑いがあることを述べている。

それはあり得ないと、信用していない人びとがいる。

特に、SOAには以下のような固有の課題があることを認めている。

  • 可用性(SLA)
  • パフォーマンス
  • セキュリティ(およびIDの伝播)
  • 操作上の素晴らしさ
  • ガバナンス

詰まるところ、Commerce Transformation Initiativeの最大の障害は、レガシーシステムが難しいことであった。

Harvinder氏は、SOAイニシアチブの一部としてCiscoが開発した機能を詳細に説明している。これらのエレメントのほとんどは、2007年および2008年に開発された。

サービス開発フレームワーク

  • 標準化されたサービス開発環境
  • サービス開発の20から30%の削減に成功
  • オペレーションおよび管理フレームワークの主要な要素だった
  • Web 2.0(JSonおよびREST)をサポート

SOAダッシュボード

  • サービスパフォーマンス、ゲートウェイおよびサービスの展望を管理
  • SLAおよび例外をモニター
  • 実行時の依存性を提供
  • トランザクションの掘り下げをサポート

SOAレジストリ

  • サービスの公開、発見およびサブスクライブのために立ち寄るショップ
  • Ciscoの全サービスのためのマスターリポジドリ
  • SOAガバナンスを許可するためのカギ
  • UDDI v2
  • 他のSOA Platform Componentと統合

SOAゲートウェイ

  • Ciscoは独自の製品を使用
  • セキュリティポリシーの管理および施行
  • XMLファイアウォール
  • プロトコルの橋渡し
  • サービスパフォーマンスおよび例外の可視性

ビジネスルールの管理

  • 方法論およびツール
  • reteアルゴリズムをサポートする高性能ランタイムエンジン

SOAガバナンス

  • テクニカルポリシーおよび標準
  • サービス定義のテンプレート
  • プロセス

Harvinder氏は、以下のようにまとめている

  • 人びと、プロセスおよびテクノロジーがSOAの成功に大いに加担する
  • 時たまビジネス上の準備が手腕を問われる
  • エンタープライズ向けのアーキテクトBPM/SOAプラットフォーム
  • 高可用性およびパフォーマンスを重点的に扱う
  • 初期の成功例が、企業による導入を推進

Ciscoと同じ道を辿っているか?ビジネスが洗練されたService Oriented Architectureの基盤の必要性、特に(Business) Services-as-a-Softwareを公開するという傾向をますます推進していると思うか?

 

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2009/01/soa-case-study-cisco

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT