BT

ADO.NET Data Services 1.5の導入

| 作者: Jonathan Allen フォローする 595 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2009年3月12日. 推定読書時間: 1 分 |

ADO.NET Data Servicesは、一連の構造データで動作するためにREST型インターフェイスを開発するためのフレームワークである。.NET 3.5 SP1でリリースされたので、現在はMicrosoftの絶え間なく変わるデータアクセス戦略における要であると、見なされている。

ADO.NET Data Services 1.5(リンク)の最初のCTPには以下の機能がある。

  • WCFおよびSilverlightアプリケーションに対する両方向データバインディング
  • 同時にすべての行をダウンロードすることなく、行を数える
  • AtomPubフィードのカスタマイズ
  • サーバ主導のページング
  • 大きなBLOBの任意的なサポート

ADO.NET Data Services 1.5は、帯域外のリリースになる予定である。これは、チームが .NET 4.まで待機するよりはむしろ準備ができたと感じたときにリリースされることを意味する。Microsoftがこれまで以上に多数のライブラリを.NET に計画している状況において、こうした特別なリリーススケジュールが一般的になるかもしれない。

 

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2009/03/Data-Services-15

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT