BT

InfoQ ホームページ ニュース ADO.NET Data Services 1.5の導入

ADO.NET Data Services 1.5の導入

ブックマーク

ADO.NET Data Servicesは、一連の構造データで動作するためにREST型インターフェイスを開発するためのフレームワークである。.NET 3.5 SP1でリリースされたので、現在はMicrosoftの絶え間なく変わるデータアクセス戦略における要であると、見なされている。

ADO.NET Data Services 1.5(リンク)の最初のCTPには以下の機能がある。

  • WCFおよびSilverlightアプリケーションに対する両方向データバインディング
  • 同時にすべての行をダウンロードすることなく、行を数える
  • AtomPubフィードのカスタマイズ
  • サーバ主導のページング
  • 大きなBLOBの任意的なサポート

ADO.NET Data Services 1.5は、帯域外のリリースになる予定である。これは、チームが .NET 4.まで待機するよりはむしろ準備ができたと感じたときにリリースされることを意味する。Microsoftがこれまで以上に多数のライブラリを.NET に計画している状況において、こうした特別なリリーススケジュールが一般的になるかもしれない。

 

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2009/03/Data-Services-15

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。