BT

レガシーシステムがSOAに参画するために、サービス可能性は必要か?

| 作者: Dilip Krishnan フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2009年3月30日. 推定読書時間: 2 分 |

Joe McKendrick氏は、 Oracle Indiaの副社長であるShailender Kumar氏とのインタビュー(リンク)に関してコメントを述べ(リンク)、サービス可能なアプリケーションがなくてもSOAは可能かどうか尋ねている。

そのインタビューで、Shailender Kumar氏は、SOAの導入における主な課題について以下のように提案している。

  • サービスメタデータの管理

SOAベースの環境は、メッセージを交換してタスクを実行する、多くのサービスを組み込むことができる。サービスの対話を管理したり、それに関する情報を提供することは、複雑な作業である。

  • セキュリティレベルの管理

特に企業ファイアウォールに外付けのサービスを消費するアプリケーションは、従来のモノリシック占有アプリケーションよりも外部に可視的である。SOAの柔軟性および範囲は、セキュリティを危険にさらしかねない。

  • CIOやITの幹部たちが、SOAの基本概念や、開始方法に関する問題を理解できていない。

Shailenders氏のコメントは、インドの企業に直接向けたものであるが、Joe氏は 一般にSOAの経験が豊富な企業にさえも当てはまると考えている。氏によっておこなわれた調査によると、SOAの準備が整っているのは、ポートフォリオの 20% 未満である。Joe氏が引き出そうとしている、根底にある議論は、以下の発言で具体化されている。

しかしながら、この技術に関連する神話がある。サービス可能なアプリケーションがないと、SOAをおこなうことができない。それは、誤りである。実際、 WebサービスをSOAと見なす人がいるが、それは間違っている。なぜならばWebサービスは他のプロトコルに過ぎないからである。たとえば、サービス可 能なアプリケーションが1つあり、サービス可能でない多数のアプリケーションがある場合、それでもアダプタをデプロイすることで、それらを接続可能であ る。

しかしながら、オンラインで何かを購入するときなど、日々の暮らしの中でSOAの成果を目にすることができると、Joe氏は考えている。「現代の」多様な SOAシステムと「レガシー」システムを結びつけるというビジョンは、それらがサービス可能でない限り簡単に管理できない。

組織がそのシステムすべてを投げ捨て、完全にゼロから始めないのであれば、ほとんどのSOAの取り組みは非常に見苦しく、最終的には奇妙な機械装置になっ てしまうであろう。それでかまわない。当然、この時点でJBOWS(リンク)は卓越したアーキテクチャである。それも、結構である。進化の段階である。おそらく、す べてが100%サービス可能でなければならないという切迫した需要はない。

アダプタを使用して、古いものと新しいものを「マッシュアップ」する複合アプリケーションは、SOAと見なすことができるか?元の記事(リンク)を忘れずに、確認しておきたい。

 

原文はこちらです:http://www.infoq.com/news/2009/03/service-enablement-legacy-soa

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT