BT

Clojureの総まとめ:CLRおよびJavascriptのClojure、Terracotta、新リリース

| 作者: Werner Schuster フォローする 6 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2009年4月7日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2009/4/5)へのリンク

Clojureは1.0リリースに向けて動いているが、言語に対する関心は他のプラットフォームにも達した。

今や、Clojure-contrib(リンク)は別のプラットフォームにおける2つのClojureの実装がある。Clojureの大部分は、Clojureで記述されるので、実装は多数のコードを共有することができる。

  • ClojureCLR(リンク)は.NETに対するClojureのポートである。
  • ClojureScript(リンク)はJavascriptへのClojureのサブセットをコンパイルし、以下に挙げるような興味深い機会を開放する。アプリケーションのサーバサイドとクライアント(ブラウザ)サイドで、同じClojureコードを共有する。

Clojureユーザは、JVMライブラリおよびフレームワークで実験している。Clojureは、1つのJVMでの同時並行性にフォーカスしており、分 散作業向けの特別サポートがない。Terracottaはテクノロジであり、同一マシンや分散マシンにJVMを結合させることを可能にする。Paul Stadig氏は、ClojureがTerracottaの機能を使用できるように実験をしている(リンク)。(同様のプロジェクトが、JRubyで試された(リンク))。最 近の進捗報告では、以下のことが見込まれている(リンク)

ClojureをTerracottaと動作させる際に取り組んだ最大の問題点の3つが、Terracotta側で解決されるようである。これは、わたし が記述したTerracotta Integration Moduleが詰まるところ構成ファイルということになることを意味する。

最終的に、新たなClojureリリースが以下の変更で利用可能(リンク)である。

最近の追加のすべてを統合する - 完全なlazy seqs、doseq/for向け:letオプション、互いに再帰的なローカルfns向けletfn、同期ウォッチ、multi-arg セット/結合/差異/共通部分、counted?、per- defmulti 階層、#_ ignore形式リーダーマクロ、future-calls、futureおよびpcalls/pvalues、defmulti docstringsおよびメタデータ、マルチメソッドリフレクション向けメソッド、 atoms/refs/agents/vars/namespaces向け統一メタデータ処理、condp、リリースの保留送信、アプレットおよび AndroidをサポートするためのAOT tweak。以上の他、多くのバグ修正および機能拡張。

変更には、シーケンスのアップデートされた怠惰な振る舞い(リンク)が含まれる。マルチメソッドリフレクションサポートは、ディスパッチ値および関数のマッピングの検討を可能にする(メソッド(リンク)関数を使用)。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT