BT

NServiceBus Version 1.9のリリース

| 作者: Jon Arild Tørresdal フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2009年4月27日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2009/4/17)へのリンク

以前Udi Dahan氏(リンク)(NServiceBusの作成者)とのインタビューでInfoQが取り上げた(リンク)NServiceBus(リンク)は、バージョン1.9がリリースされた。新バージョンには、Spring.NETのような依存性注入フレームワークでの減少したフットプリントがあり、参照されるアセンブリの量は、1まで下 げられる。

NServiceBusは、2006年1月にオープンソースプロジェクトとして初めてリリースされた。こんにち、それは相当に成熟しており、多数の大規模 システムで使用されている。Udi氏は、リリースについてブログ掲載(リンク)で特にクライアントの一人について以下のように言及している。

ちょうど先週、わたしのクライアントの一人が、サービス業で世界最大の名前のひとつを広く行き渡らせるプロジェクトを開始したが、状況は明るいようである。彼ら(および他のクライアントの多く)にとって、安定性は重大事であるので、nServiceBus 1.8を量産してきたのだが、1.9へ進む準備が出来ている。

かつてNServiceBusは、プロジェクトで79のかなり小さいアセンブリがあった。このバージョンでは、これらのほとんどが NServiceBus.dllにマージされている。バージョン1.9以前では、ほとんどはこれらのdllでILMerge(リンク)を使用し、それらのすべての参 照を回避した。除外されたものに関して、Udi氏は以下のように述べている。

マージされておらず、log4netである非オプションで外的依存がある。独自のロギングインフラへCommon.Loggingプロバイダで構成する場 合、それなしでも可能である。log4netでは、最小のデプロイメントフットプリントは、2つのアセンブリである。オプションである別の依存性は、 NHibernateである。これらを除外する理由は、多くのチームが、これらのアセンブリの特定のバージョンに依存しているためである。

Oren Eini氏(リンク)(別称Ayende Rahien氏)がRhino Service Bus(リンク)に関して、他の新機能には、タイムアウトの管理(リンク)、長時間実行できる処理(リンク)およびロードバランシング(リンク)がある。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT