BT

Article:画面プロトタイプを用いた要件抽出技法の紹介

| 作者: 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2009年4月2日. 推定読書時間: 1分未満 |

ここで紹介する記事では、要件抽出漏れ低減に貢献する画面プロトタイプを用いた要件抽出技法の紹介を行います。

要件定義工程において、画面プロトタイプを用い要件を抽出する方法は有効です。特に、画面プロトタイプを活用して、お客様から要件をしっかり抽出する技法を実践できるとより効率よく要件を抽出することができます。 また、画面プロトタイプを作成する際には、専用のツールを用いることも効果的です。お客様に利用イメージを明確に伝えることができつつ、開発の生産性も確保できるためです。 実際の開発現場において、ぜひとも画面プロトタイプを用いた要件抽出を実施していただき、開発プロジェクトに役立てていただけたらと思います。

記事はこちらです:http://www.infoq.com/jp/articles/requirement-extraction-technique

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT