BT

Article:とちぎRuby会議01報告

| 作者: 編集部 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2009年4月2日. 推定読書時間: 1 分 |

ここで紹介する記事では、ときぎRuby会議01の報告を行います。

2/21に栃木県那須塩原市にて、とちぎRuby会議01(サイト)が開催されました。Rubyの学び方や、Rubyを学んだらどうなるか、など「Rubyを通して行う学習」についての発表が集まったイベントとなりました。

日本のRuby関係のイベントでもっとも規模の大きなものとしてはRuby会議があります。これは毎年初夏の時期に開催されます。昨年はつくば市で開催され、2トラックでVMや様々なRuby実装の話や、実際にRuby活用した事例などが発表されました。そのRuby会議の関連イベントとして、今年活発に行われているのがRegional Ruby Kaigiです。これはアメリカのRegional Ruby Confにならって、各地で開催されているもので、札幌、東北、東京、関西、島根、九州など各地で開催されてきました。とちぎRuby会議もそのひとつです。

イベントの中のタイムテーブルとは異なりますが、学習のライフサイクルという観点で、とちぎRuby会議を振り返ってみます。

記事はこちらです:http://www.infoq.com/jp/articles/tochigiruby01

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT