BT

InfoQ ホームページ ニュース 実装の総まとめ:Ruby 1.8.xアップデート、JRuby on .NET、MacRubyおよびMagLevの進展

実装の総まとめ:Ruby 1.8.xアップデート、JRuby on .NET、MacRubyおよびMagLevの進展

ブックマーク

原文(投稿日:2009/4/29)へのリンク

Ruby 1.8.6 (p368)およびRuby 1.8.7 (p160)の新たなパッチレベルがリリースされている(リンク)。Ruby 1.8.6-p368(リンク)およびRuby 1.8.7-p160(リンク)の変更については、Changelogsを参照のこと。これらはバグ修正リリースであるが、少なくとも1つの振る舞い上の変更が StringIO#ungetcの1.8.xアップデートに忍び込んだ(リンク)。それにより1.9.xと同様の振る舞いをする(詳細は投稿記事を参照)。

JRubyで、Charles Nutter氏がIKVM.NETでJRubyを実行する試みをおこなっている(リンク)。IKVM.NET(リンク)は、.NET(オープンソースMonoおよび Microsoftの.NETの両方)で実行するJavaの実装である。JRubyは、よく動作しているようである。たとえば、このGistは、IKVM のJRubyで実行するRailsを示している(リンク)。別のGistは、取るに足らないパフォーマンスのベンチマーク(リンク)を示している。IKVMのパフォーマンス は、SunのJVMおよびMRIの間に位置するものである(重要:これらはマイクロベンチマークの結果である)。

最後に、MacRubyチームは、0.5リリースに向けた実験的なブランチの作業を継続している。Laurent Sansonetti氏は、MacRubyメーリングリスト上で、更新状況を紹介している(リンク)。1つの変更は、ruby-ffi(参考記事)のサポートである。

RubyFFIコンパチブルなAPIは、現在開発中である。それは、新たなCディスパッチャー機能を使用する。現在、ポインター、構造(など他もあり)を 除くほとんどのタイプがサポートされている。このAPIについて素晴らしいことは、さまざまなRubyバージョンで実装されるので、MRI C拡張子をサポートする限り、それに基づいて既存のRubyライブラリを使用することができることである。

Ruby-ffiはRuby/DLに取って代わるものであり、JRuby、Rubinius、MRI 1.8.xおよび1.9(参考記事)でサポートされる。もう1つの速度の改善は、C/Objective-Cインタラクション向けのLLVMを使用することで実現でき る(同一のメールより)。

新たなC/Objective-Cディスパッチャーが記述されている。その考えは、libffiを使用する代わりにLLVMを使用しスタブをコンパイルす る。以前のlibffiベースの実装はもはや使用されず、C/Objective-C APIのほとんどを実行することができる。早期のベンチマークによると、新たなディスパッチャーは、トランクよりおよそ8倍高速であり、純粋な Objective-Cよりおよそ3倍遅いので、非常に,見込みがある。libffiの除去が目標であった。なぜならば、非常に遅いからである。

最後に、MagLevチームは以下のように言っている(リンク)

Alphaユーザ向けアップロードされたMagLev 21583。RubyGemsはmaglev-ruby setup.rb --no-rdoc --no-ri; maglev-gemインストールレイクをインストールする。

RailsConfの出席者については、MagLevチームがMagLev BOF(リンク)を準備している。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。