BT

JRuby総まとめ:GitHub:FI、TorqueBoxによるJBoss上のJRuby、EngineYardによるJRubyのサポート

| 作者: Werner Schuster フォローする 7 人のフォロワー , 翻訳者 南 伸二 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2009年6月7日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2009/6/2)へのリンク

GitHubは最近新しい商用製品GitHub:Firewall Install (GitHub:FI)を発表した。

GitHub:FIはプライベートネットワークにインストールすることができるGitHubのバージョンです。この製品は、GitHubの恩恵を受けたいと思っていても会社の制約や規則によってコードを第三者のサービスにホスティングできないような、そんな会社にピッタリです。

GitHubはRubyで書かれている - そして、GitHub:FIはJRubyとともに出荷され、インストールされる

FIと私たちの通常のサービスとの主な違いは、私たちのサービスで通常利用しているRuby/Mongrelスタックの代わりに、FIのソースコードはjettyコンテナの内部でJRubyでコンパイルされ実行されることです。それ以上に、FIはみなさんがこれまでよく理解し、愛してきたみなさんのサイトと同じように見えるし、同じように動くのです。

GitHub:FIはJettyを利用しているが、また別の人気あるJavaアプリケーションサーバがJRuby市場に参入してきた。JBoss AS上で構築されたTorqueBoxである

TorqueBoxは新しいRubyアプリケーションプラットフォームで、Ruby-on-Railsのような人気ある技術を統合しています。さらに、Rubyアプリケーションの適用範囲を広げるために、ジョブスケジューリング、タスクキュー、SOAPハンドリング、テレコムのサポートもあわせて提供しています。

テレコムのサポートはVoIP機能によって構成されており、それによりSIPメッセージを扱ったり、送信したりすることができるようになっている。SIP機能はMobicentsで構築されている。
TorqueBoxを動かしているのは何なのかをざっと見たいのであれば、ソースコードはGitHubにホストされている

JRubyサポートを提供しているのはソフトウェアだけではない。EngineYardはランタイムオプションとしてJRubyの提供を開始する予定である

Engine YardはJRubyのサポートを提供することを決めました。それは、Javaベースの顧客やパートナーからの、既存のライブラリはインフラを活用しながら、Railsクラウドにもアプリケーションをデプロイしたい、という要求によるものです。

JRubyサポートのベータ版が7月に利用可能になる予定である。JaveOneの出席者ならEngineYardのブースに立ち寄れば、より詳しい情報を得ることも出来る。

最後に。Charles Nutter氏は便利なJRubyか他の動的JVM言語を主に扱っているJavaOneセッションのリストを投稿している。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT