BT

Entity Framework CTP for VS 2010

| 作者: Jonathan Allen フォローする 530 人のフォロワー , 翻訳者 尾崎 義尚 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2009年7月1日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2009/6/24)へのリンク

Visual Studio 2010 Beta 1では、計画されているものがすべて実装されているわけではない。それには、ORMファンにとって重要な機能が含まれている。Entity Framework CTP 1は、自己追跡エンティティ(Self Tracking Entities)のサポート、POCOテンプレート、EDMXなしコーディングのサポートが含まれている。

自己追跡エンティティは、内部の変更を追跡をすることができるエンティティである。主要な利用局面は、WCFを経由したリモートクライアント通信である。変更はローカルで追跡される。その後、変更グラフは、サーバに送り返される。サーバでは、Entity Frameworkを使用してバリデートとデータベースへの変更の保存が行われる。Diego Vega氏は次のように書いている

自己追跡エンティティをPOCOクラスとして設計する主な目標は、Entity Frameworkを要求することなく、クライアントコンピュータに分散して使えるようにすることです。クライアント上での自己追跡エンティティのシリアライズを容易にするために、私たちは、サーバとクライアントの間でそれ自身の型のコードが共有されるようにするつもりです。

私たちは、Silverlight 3のようにEntity Frameworkを含まないCLRのバージョンで、自己追跡エンティティを適合させることに成功できました。

次の話題はPOCOテンプレートである。POCOテンプレートは、今でもEDMXファイルを操作しているが、彼らはテンプレートを2つに分割する。最初のテンプレートは、データクラス自身をと変更を追跡するために必要なFixupCollectionクラスを生成する。2番目に生成されるテンプレートは、データベースと対話するために必要なObjectContextである。

2つに分割したテンプレートのうち、1つはEntityとComplexTypeであり、もう1つは生成された厳密に型付けされたコンテキストである。これは、EntityとComplexTypeが、永続化を意識しなくても済むだけでなく、アセンブリ/プロジェクトに属するそれらのクラスが永続化について意識しないことを可能にする。

最後のヘッドラインは、「Code Only」として知られている。本質的にこの機能は、EDMXファイルなしのEntity Frameworkの使用を可能にする。この機能は、早期段階であり多対多の関係がサポートされないなど、多くの制限が存在している。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT