BT

Ready for InfoQ 3.0? Try the new design and let us know what you think!

Android上でのスクリプト言語のサポート、Python、Lua、Beanshellが利用可能に。Ruby対応の計画もあり

| 作者: Werner Schuster フォローする 9 人のフォロワー , 翻訳者 能仁 信亮 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2009年7月5日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2009/6/30)へのリンク

Android Scripting Environment (ASE)によって、Android端末にスクリプティング機能が付け加えられた。ASEをインストールすることによって、デバイス上でスクリプトを書き、実行することが可能になったのだ。

Androidのアプリケーション開発を支援するツールはたくさんあるが、端末上でスクリプトを書くことにより、素早く実験しプロトタイピングまで端末上でできるようになる。IDEからロードしたり、コンパイルしたりデプロイしたりする必要がないのだ。

ASEはAndroid APIにアクセスするために2つの方式を使っている。現在のところ、PythonとLuaランタイムがASEでスクリプトを実行させるために利用できる。これらのランタイムはネイティブアプリケーションであり、JSOP-RPCを経由してAPIにアクセスする。

AndroidはJavaをベースとしているので、JVM上の言語を実行させるという選択肢もある。現在のところJava言語の動的言語バージョンであるBeanShellが利用可能だ。JVMをベースとしたインタプリタはASEの内部で起動し、RPC呼び出しを経由する必要はない。
ASEによって、Android上で動作するJVM言語は増えてくるだろう。JRubyが、Android上で初めてサポートされたが、問題が残っている。問題一つは、AndroidがDalvik VM(AndroidのアプリケーションはDalvik VMのバイトコードにコンパイルされる)を使っていることである。

ASEのSVNレポジトリを見てみるとJSON RPCをベースとしたRubyサポートの兆候が見られる。

AndroidでRubyを使う別の方法は、Rhodesを使う方法だ。

ASEがどのようにして継続的に開発されていくか興味深い。アプリケーションによってプラットフォームにインタプリタを提供することを許可していないiPhoneと違い、ASEによってAndroid端末はスクリプトによる拡張が可能となった。スクリプトはユーザによって作成、編集が可能なのだ。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション
BT