BT

アーキテクチャ中心にSOAオープン標準の概観を案内する

| 作者: Boris Lublinsky フォローする 1 人のフォロワー , Mark Little フォローする 14 人のフォロワー , 翻訳者 編集部N フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2009年7月26日. 推定読書時間: 6 分 |

原文(投稿日:2009/7/22)へのリンク

近年の産業界の思考方法に、SOAがどれだけ浸透したかを考えると、CORBA, エンタプライズJava あるいはWebサービスなどの他の技術と比べると、標準の少なさには、驚くばかりである。もちろん、多くの人々が、SOAから連想する、様々なWS何とか標準や仕様書が存在する。しかし、意図的に実装にとらわれない標準、という観点からでは、 OASIS のSOA参照モデル 長い間唯一であった。 OMGがSOAモデリング言語を公開しOpen Group がSOA Working Group の結成を公表 と、同時に SOA Source Bookを公開した。

過去数カ月にわたって、これらのすべての活動のメンバや他の人々が、様々な取り組みを調整し努力して、新しい白書 アーキテクチャ中心にSOAのオープン標準の概観を案内する ( 彼らの全サイトで入手できる)を公開したばかりだ。 白書に書かれているように:

この共同白書が、説明し、位置づけている標準の対象には、SOA参照モデル、オントロジ、参照アーキテクチャ、成熟度モデル、モデリング言語そして統制がある。白書は、それらの似ている個所を概観し、個々の標準の強みを際立たせ、そして、どうのようにそれらを、相補うように、いっしょに使うことができるかにも言及している。これらの仕様書のユーザに対して、SOAを旅する中で、自分たちは今どこにいて、これからどこを目指すのか、ということと一貫性を保ちながら、自分たちのニーズに最適な技術的な製品を選ぶ際のガイドとしても、意図されている。

白書の中で考察された仕様書と活動成果には、OASISのSOA参照モデル、 OASISのSOA基盤参照アーキテクチャ、OMGのSoaML仕様書、Open GroupのSOAオントロジ、Open Groupの参照アーキテクチャ、Open GroupのSOA統制フレームワーク、そして Open Groupのサービス統合成熟度モデルが、含まれている。

SOAライブラリに素晴らしいものが、加わった。白書は、意図的に、技術にとらわれず、WebサービスやJBIのような、SOAの実装方法については、透明性を保っている。一方で、ベンダに誇大広告をさせないよう、そして潜在的に、白書の寿命を延ばすことは、よいことであると、考えられる。しかし、他方、報告されたことの実用性については、疑問が投げられるであろう。

白書によると、存在する標準は、以下のようにグループ化できる:

白書が説明しているように、幅広い範囲のSOA標準があるけれども

...SOAに関する、たくさんの独立したオープンな仕様書や標準に貫かれた、基礎となるコアな概念に、大いなる同意というものが存在する。

これらの標準は、関連しあい、互いの上に成り立っている。

白書は、素晴らしい文書であり、様々な標準間の参照方法やそれらの関係、そして個々の標準をいかにどこで使うべきかについて易しく教えてくれる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT