BT

PowerShell 2の紹介

| 作者: Jonathan Allen フォローする 530 人のフォロワー , 翻訳者 竹中 翔 - (株)ポータルアイランド フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2009年9月15日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2009/09/12)へのリンク

PowerShell 2は長い間開発が進められてきた。最初のテクニカルプレビューは2年も前だ。ここではそれ以後に追加された数々の機能を見てみよう。

  • リモーティング:コマンドレットやスクリプトはリモートマシン上で実行可能である。
  • バックグラウンドジョブ:PsJobを使ってローカル、リモート両方でバックグラウンドジョブを開始できる。
  • スクリプトコマンドレット:以前のコマンドレットはC#やVBのような静的コンパイル言語で記述する必要があったが、PowerShellスクリプトとして書けるようになった。
  • ステッパブルパイプライン:パイプラインは一度に1つのアイテムに渡される要素をオブジェクトのように扱うことができる。
  • データセレクション:スクリプトに必要なデータをロジック自体から分離することができる。スクリプトの国際化にも使える。
  • スクリプトのデバッグ:“行、列、関数、変数、コマンド”にブレークポイントをセットできる。
  • “splat”演算子:@演算子により1つの引数としてキー・バリューペアのコレクションを渡すことができる。
  • PowerShell ISE:“Integrated Scripting Environment”は3つのペーンを持った軽量IDEである。上部ペーンではスクリプトを編集できる。下部ペーンでは通常のPowerShellプロンプトと同じようにすぐにコマンドを実行できるが、これは実際のところ必要ない。上部ペーンもSQL Server Management Studioのように選択中のコマンドの実行をサポートしているからだ。
  • Out-GridView:コンソールにデータをダンプする代わりに、ポップアップウィンドウ上のソートやフィルタリングをサポートしたグリッドにデータを送ることもできる。
  • モジュール:モジュールはコマンドレットやスクリプト、プロバイダのライブラリである。これはスナップインを置き換えるものだ。インストールが必要なスナップインと違い、モジュールはユーザーフォルダ、もしくはシステムワイドフォルダにコピーするだけでよい。一旦コピーすれば、モジュールを必要とするスクリプトで直接インポートすることができる。
  • イベント:WMIやCLRイベントをイベントキューに送ったり、アクションに直接バインドしたりできる。
  • トランザクション:トランザクションフレームワークが用意された。ただ、今のところはレジストリプロバイダしかサポートされていない。
  • エラーハンドリングブロック:Java、C#、VBに見られるtry-cache-finallyがPowerShellでも使えるようになった。
  • Add-Type:これは.NET言語のコードフラグメントをコンパイルするためにCodeDOMを利用する。

PowerShell 2.0 のリリース候補版はWindows XP以降で使うことができる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT