BT

IronSchemeが近く最終リリースされる

| 作者: Abel Avram フォローする 7 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2009年10月29日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2009/10/27)へのリンク

IronSchemeは R6RSに準拠したDLR向けのSchemeの実装だ。ベータ版リリースから1年経ち、RC1がリリースされた。

IronSchemeはLlewellyn Pritchard氏の努力から生まれた。氏はLeppieという名で知られ、.NET言語の開発環境であるxacc.ideの作者でもある。当初、氏は、IronLispを開発していたが、もはや誰もLISPの新しい方言に興味を持っていないことに気付き、Schemeの実装を開発してDLR上で動作させることを決心した。その結果、出来上がったのがIronSchemeだ。アルファ版を公開してから10ヶ月間後、この1年間に4回のベータリリースを行って、現在、RC1がリリースされた。正式版の公開が迫っている。

IronSchemeはコマンドプロンプトから実行できるREPL環境として利用できる。また、.NETアプリケーションにライブラリとして埋め込んで使うことも可能だ。.NETの32または64ビット環境か、Monoの32ビット環境で動作する。

現在、IronSchemeはPLT Schemeのテストスイートのうち、8880のテストに合格している。合格していないのは4つのテストだけだ。Schemeの2つの特徴についてまだ実装がされていない。Llewellyn Pritchard氏の計画ではこの2つはバージョン2.0で取り組む予定だ。

  • call/ccについてはエスケープ継続のみサポートしています。継続を再び呼び出そうとするとエラーが発生します。
  • beta 2を開発しているときに、CPS(継続渡しスタイル)も実装してみましたが、現時点では遅すぎて使い物になりません。IronScheme 2.0で取り組んでみようと思っています。

最終リリースまでにやらなければならないこと、実施する予定のことは次の通り。更なるテスト、CLRとの統合を強化すること、ドキュメントの完備。このプロジェクト自体はMS-PL Licenseで公開されている。

リソース:Llewellyn Pritchard氏へのインタビュー.NETアプリケーションでIronSchemeをホストする, Schemeが2つに分割される(英語).

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT