BT

IntelliJがオープンソースに

| 作者: Scott Delap フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部N フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2009年10月19日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2009/10/15)へのリンク

増大するオープンソース環境で、有償製品として革新を何年も重ねた後、IntelliJ IDEAは、 オープンソースに近いづいた。 プレスリリースによると:

...今度のバージョン9.0から、IntelliJ IDEAは、2つの版で提供される。ひとつは、コミュニティ版で、無料でオープンソースそして、もうひとつがアルティミット版で、今日まで単にIntelliJ IDEAと呼ばれていたものである。

一番のニュースは、 コミュニティ版 の導入により、純粋のJava開発において、IntelliJ IDEAの使用者を増やすための唯一の障害、すなわち値札を取り除くということである。この版は、無料なだけでなく、(このことは特に重要である)完全にオープンソースになる。

JetBrainsの CEOである Sergey Dmitriev氏は、語った。“我々は、これまでいつもコミュニティにオープンでした、公開の早期アクセスプログラム、問題トラッカ、フォーラムなどをやってます。そのためユーザからの厳しくそして直接のフィードバックループができました。こういったことが、業界で広く受け入れられいない時にでさえ、できたのです。それ以来、無料の製品ライセンスで、多くのオープンソースプロジェクトを支援してきましたし、GroovyやScalaのような様々なオープンソースプロジェクトにコードを寄贈しました。またいくつものオープンソースのIntelliJ IDEA用のプラグインを自分たちで開発しました。オープンソースライセンスによって、我々が大切にしているオープンソースコミュニティと手を携えて、無料のIntelliJ IDEAがどれだけ貢献するかを見ることができますよ。オープンソースは、主流になりました。我々は、オープンソースを興奮を覚える挑戦として、取り込み続けます。簡単にいえば、方向転換したのではなく、更に前進したのです。”

全く新しいコミュニティ版は、IntelliJ Platform(IntelliJ プラットフォーム)をベースに作られていて、そのソースコードも含んでいる。JetBrainsは、民主主義的なApache 2.0ライセンスを適用して、コミュニティ版とIntelliJ Platformの両方のソースコードにアクセスして使うのをできるだけ容易にしている。

コミュニティ版に加えて、Jetbrainsは、IntelliJの 有償のアルティミット版 の提供を続ける。この版は、Android, GWT, Flex, JEE そして OSGiなどの特徴的なサポートを含んでいる。InfoQは、それがリリースされたら、コミュニティの反応をお知らせするつもりだ。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT