BT

Ready for InfoQ 3.0? Try the new design and let us know what you think!

SOAの神話トップ10を再確認。

| 作者: Boris Lublinsky フォローする 1 人のフォロワー , 翻訳者 編集部N フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2009年11月15日. 推定読書時間: 4 分 |

原文(投稿日:2009/11/11)へのリンク

Joe McKendrick氏は、最近の彼の記事 "ガ―トナ: SOAの議論でなぜ両サイド共間違っているかの10の理由"で、ebizQの"SOA 稼働中"イベントでガ―トナ社の Yefim Natis氏が webキャストの基調講演で発表したSOAの神話トップ10について述べている。Yefim氏によれば、SOAの "狂信者"も "否定派" と同様にSOAについて神話を作ってきた。狂信者によるSOAの誤解トップ5は:

 

  1. サービスは、IT部門で発明され、ビジネス界に広がった。これは、以下のことを事実だとしている、すなわち、SOAのアーキテクトや設計者は、新しいSOAのソリューションの導入により、ビジネスを再発明した、と。Yefim氏によれば、SOAは、ビジネスを再構築するものではなく、
    ... ソフトウェアの設計者やアーキテクトが、実際の世界をもっとよくモデル化する能力を改善するものである。ソフトウェアは、ビジネスにソリューションをもたらすのではなく、ビジネスをよりよく理解するのを助ける。
  2. SOAのアプリケーションは、既存のコンポーネントから組み立てられる。Yefim氏は、以下のことを指摘している:
    サービス指向システムは、実際、隠蔽されたコンポーネントやサービスを含んでいるが、クライアントすなわちサービス指向ではない、バッチコンポーネントや接続する必要のあるレガシーのシステムも含んでいる。
  3. アプリケーションのロジックを共有したり再利用することが、SOAの大きな恩恵である。SOAの支持者が、SOAを再利用の聖杯として売ろうとしている事実にかかわららず、Yefim氏は、このことに違った見方をする。
    サービス指向アーキテクチャの恩恵のひとつではあるが、再利用が一番の利益ではない。多くの別の利益がある、たとえば内部アーキテクチャをもっと管理しやすくできるし、ずっと拡張性が増すし、アプリケーションがサービス指向であると、ずっとよく機能する。
  4. SOAによりアプリケーションの統合が必要なくなる。 Yefim氏が論じるところ、SOAのインフラがどんなに有効であっても、エンタプライズ アプリケーションの統合に対する要求は、ずっと存在する。SOAがすることは、
    ... ツールや標準がアプリケーションの統合を助けるように、アーキテクチャに一貫性をもたらすのである。
  5. SOAは、ITのコストを削減する。Yefim氏の意見では、長期的には、SOAは、ITのコスト削減を助けるかもしれないが、初期においては、
    SOAへの投資は、実際もっと金がかかる。SOAがもっと複雑だからではなく、何か新しいことをやろうとすれば、新しい手法を理解しなければならないし、人々を教育しなければならないし、新しいツー利を購入しなければならない、これらすべてコストがかかることだからである。

否定派によるSOAの誤解トップ5は:

 

  1. SOAは、新たな複雑さと問題を持ち込む。 Yefim氏が指摘するのは、:
    ...サービス指向システムをデプロイし、作り上げる際に関係するたいていの問題は、SOAの問題ではなく、分散コンピュータあるいは、最近のグリッドベースのコンピュータネットワークの問題である。
  2. SOAは、新しいものではなく、誇大宣伝であり、古いワインを新しいボトルに入れ替えて売ろうとしているのである。Yefim氏によれば、SOAについて考えるときは、技術(例えばRPC)を超えて考えなければならない。 ::
    SOAは、アプリケーションのビジネス上の機能に関するビジネスのトポロジーを扱うことを意図しているのであり、一方RPCは、単にアプリケーションの分散を意図したものである。
  3. Webサービスは、十分には機能していないので、SOAは、終わった。Yefim氏の意見では、SOAが完全にSOAPに基づいているという見方は、SOAに関する最大の誤解のひとつである。:
    両者の共通点は、全くなく、さらにSOAとSOAPを混同している人がいる。SOAは、Webサービスに関することではなく、Webサービスは、クライアントとSOAのサービス間の接続性を確立する一つの方法にすぎない。
  4. ビジネス的に利益がないので、SOAを売るのは難しい。 Yefim氏は、それはSOAのレベルによると説明する。更に多くの会社が、高度なSOAへと移行していくに従い、ビジネス利益ももっと見えてくるだろう。:
    イベント駆動SOAは、非常に重要なコンポーネントで、ビジネスの運営にはっきりした利益をもたらし、ITの情報環境全体をコントロールしたい、あるいは状況認識を築きたいと考えているどんなビジネスにも直接の利益をもたらすものである。
  5. SOAは、もう古い、やめる時である。Yefim氏によれば、SOAは、アナリストには、魅力がなくなってきている。
    基本的なSOAには、興味をそそるものがない。我々は、そのやり方を知っており、以前のようには話されなくなった、では、何に向えばいいのか? SOAに代わるものとして見つかるのは、唯一SOAの高度化したものであろう。

Yefim氏の説明に不賛成かもしれないが、彼は確かにSOAにある誤解を捉えている。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション
BT