BT

SOAP による Windows マシンのリモート管理

| 作者: Jonathan Allen フォローする 530 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2009年11月6日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2009/11/02)へのリンク

Windows Management Framework の一部分である Windows Remote Management は,WindowsXP 以降の動作するコンピュータを対象とする標準的リモート管理機能を提供するものだ。WinRM の名称でも知られるこの機能のベースには,いくつかの重要な標準技術がある。

最初にあげられるのは WS-Manegement プロトコル だ。これは AMD,Dell,Intel,Microsoft,Sun Microsystems など 13企業の協力によって開発され,Distributed Management Task Force(DMTF) の後援でリリースされた仕様であり,SOAP に加えて Web サービスプロトコルである WS-Transfer と WS-Enumeration をベースとしている。

次に重要なコンポーネントは,かの有名な Windows Management Instrumentation (WMI) だ。WMI はWindows2000 で標準だったが,Windows95 までさかのぼってサポートしている。WinRM が本質的に WMI のラッパであることから,WinRM を理解するためにも WMI を学ぶことは重要である。

開発者の関心が WS-Management SOAP インターフェースにあったとしても,システム管理者にとってはコマンドラインツールの方がずっと役に立つものだろう。選択肢のひとつは旧式の Windows Remote Shell で,これを使ってリモートマシンにコマンドを1対1で送信することができる。だがそれよりずっと面白いのは PowerShell 2.0 だ。PowerShell は Microsoft のサーバ製品すべてに対して強力なコマンドラインツールを提供するもので, Microsoft がサーバマーケットで Linux に挑戦するための戦略計画の一部となっている。

Windows Remote Management 2.0 と PowerShell 2.0 はともに Windows Management Framework としてリリースされる。Windows Management Framework にはこの3つのコンポーネントの他に BITS 4.0 が含まれている。

Microsoft の Background Intelligent Transfer Service (BITS) はもともと 2001年の Windows XP に入っていたものだが,それ以来 Windows Automatic Update から RSS BanditEVE OnlineGoogle Gears といった最新ソフトウェアまでにおいて,まさにそのコアとしての役割をはたしてきた。BITS 4.0 は,大規模なファイルをコンピュータ間で非同期転送するために,スタンドアロンの HTTP/HTTPS ファイルサーバとしての機能を提供するものだ。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT