BT

Surface SDK、新機能を搭載して一般公開

| 作者: Jonathan Allen フォローする 594 人のフォロワー , 翻訳者 猪股 健太郎 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2009年12月24日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2009/12/10)へのリンク

Microsoft Surface SDKが一般公開された。このSDKはこれまでPDC参加者および特別に招待された人しか入手できなかった。Surface SDKはWindows Vistaの32ビット版でしか動作しない。Windows 7、および64ビット版Windowsは公式にはサポートされていない。SDKを使って開発するには C# Express 2008 または Visual Studio 2008 と XNA Framework が必要である。

ハードウェアの性能要件は「パフォーマンスの情報とツール」の数値で示されている。プロセッサ、メモリ、およびハードディスクは4.0以上だが、グラフィックスの数値はどちらも5.0以上であることが必要だ。また、「1280 × 960の解像度に対応したディスプレイか、または1440 × 900の解像度に対応したワイドディスプレイモニター」も必要である。タッチスクリーンの必要性についてはドキュメントに記載されていない。タッチジェスチャーはマウスでシミュレートすることが可能である。

一般公開にあたりSurface SDKにはサービスパックが適用され、いくつかのAPIが強化されている。ScatterView、Contact、TagVisualizer、SurfaceSliderなどのクラスには新しい機能が追加された。新しく追加されたクラスには、シミュレータの動作を記録したスクリプトを再生する機構と、SurfaceSelectorやSurfaceHeaderedItemsControlなどの基底クラスが含まれている。

開発ツールには圧力生成ツールが含まれている。このツールはランダムに生成した入力を送信することができ、オプションとして「種類、大きさ、接触スピード、接触面が出現する範囲、出現の割合、接触密度、そしてシミュレートされた接触が Surface Shell のアクセスポイントに触れるかどうかをパラメータとして与えることができる」。再現性のため、乱数は種となる値をもとに生成することができる。

また、「サービスアプリケーション」のサポートが追加された。この機能はWindowsサービスと同じくユーザインターフェースを持たず、ユーザセッションをまたがって継続する。サービスアプリケーションは落ちても自動的に再起動し、他のSurfaceアプリケーションを起動することができる。

全てのSurfaceアプリケーションをホストするSurface Shellはオブジェクトにタグを付けられるようになり、タグに関連するアプリケーションを起動することができるようになった。

SDKのダウンロードに加えて、リリースノートや入門編ドキュメントに有用な情報が多く掲載されている。それらのドキュメントをVistaより前のOSで表示するにはXPSリーダが必要である。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT