BT

Amazon RDS: Cloud サービスとしての MySQL データベース

| 作者: Carlos Armas , 翻訳者 鰈崎 義之 - CSKシステムズ 投稿日 2009年12月23日. 推定読書時間: 1分未満 |

原文(投稿日:2009/12/17)へのリンク

Amazon は最近 Amazon Relational Database Service (RDS) という名前の新しい MySQL データベース提供を Amazon Web Services (AWS) プラットフォームに追加した。それはちょうど従来の MySQL インストレーションのように動作する。RDS が登場する以前は、顧客には AWS でデータベースサービスを実現するための二つの選択肢があった。

SimpleDB は、本格的な Relational Database Management System (RDBMS) の洗練度に欠けているシンプルなデータストレージであるが、その一方でスケーラブルな Key-Value ストレージを提供している。AWS で顧客が提供しているデータベースサービスは、従来のデータセンタ環境とあまり違いはない。顧客のスタッフは、構成からパフォーマンスチューニングまでのデータベースアプリケーション管理、キャパシティ管理、バージョン更新、パッチの適用、データバックアップを担当している。従来の MySQL データベースのセットアップで使われている同じツールを使ってデータベースと対話することが可能である。

Amazon RDS は、顧客のスタッフを多くの MySQL 保守作業タスクから開放する。それは、自動によるデータベースコンピューティング資源のスケーラビリティとパフォーマンス監視から始める。さらに、データベースソフトウェアは、顧客により保存期間を定義できるデータバックアップと同様に、プロバイダによって定期的にパッチが適用される。スケーラビリティは、AWS が"インスタンスクラス"と呼んでいるもので定義し、5 段階ある。控えめな 1 つのバーチャル CPU コアと 1.7 ギガバイトのメモリ、"Small DB Instance" と呼ばれる、からそれは始まり、"Quadruple Extra Large DB Instance" 68 ギガバイトのメモリと 8 仮想 CPU コアまである。アクティブなデータベースデータで占有されたスペースの 100% まで、バックアップストレージは無料となる。追加のバックアップストレージは有償で提供され、データはインスタンスがホストされている場所と異なる Availability Zone に保存される。これは、従来のデータ安全モデルで良く知られたオフサイトでのデータ保護の考え方と同等のものである。

サービスの利点は、柔軟性の面でコストがかかる。AWS で定義されている週に 4 時間の保守時間帯という弱点がある。保守時間帯は、データのバックアップだけでなく、アプリケーション ソフトウェアへのパッチの適用にも使われる。顧客は、パッチ適用の処理を対象外にすることができない。けれども、顧客は、週の内いつ保守時間帯が発生するかを指定することができる。データベースインスタンスは、保守時間帯内の一定の期間オフラインにされる。Amazon は、"パッチ適用は、あなたの保守時間帯のわずかな時間よりもめったに必要としないでしょう。まれにしか発生しませんし、セキュリティもしくは耐久性のパッチしか適用しません" と述べる。

これは、このようなタスクによるインスタンスがオフラインになる週次のイベントに対して、顧客は想定し計画しておくべきであるということを意味する。プロバイダは 4 時間の時間帯の全体はほとんど使われることがないと述べているが、週次 4 時間のインスタンス停止という最悪のシナリオを顧客は想定すべきである。比較的短い期間データベースインスタンスが利用できないことを許容できる顧客にとって、週の中で可能な限り最も影響の少ない時間でのスケジュールされた停止時間は、受け入れられる妥協案であろう。いくつかの顧客は上記のような選択肢は無い。彼らは、週次の保守時間帯でさえ、24 時間 365 日のサービス可用性を保証する必要がある。従来のデータベース配置では、データベースレプリケーション技術が一般的に高可用性のために使われる。RDS 内でレプリケーションを使用することができ、使用する顧客は異なるデータベースインスタンスに異なる保守時間帯を指定できるのか? 例えば、以下のように動作させることは可能だろうか?

  • マスタ-スレーブ モードでの二つまたはそれ以上のインスタンス
  • マスタ-マスタ モードでの二つのインスタンス
  • クラスタ モードでの二つまたはそれ以上のインスタンス

今のところ、明確な回答はない。RDS サービスの詳細ページの "New features coming soon" 節で Amazon は、データレプリケーションの可用性の選択肢を見込んでいる。

高可用性の提供 — Amazon RDS が追加料金無しで提供している、自動バックアップを越えた更なるの耐障害性を求めている開発者とビジネスに対して高可用性を提供します。高可用性の提供で、開発者とビジネスは、一つの場所での障害から保護するために、容易に高い費用対効果で複数の Availability Zone (AZ の) に同期してレプリケーションされた DB インスタンスを供給することができます。

費用はかかるが、近い将来、複数の Availability Zone 経由で可用性に取り組むこともできるようだ。しかし、マスタ-スレーブやマスタ-マスタモデルのような、可用性に取り組む従来の技術は、現時点で役立てるために利用することできない。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT