BT

Rubinius 1.0 は MRI 1.8 との互換性と同等の速度をもたらす

| 作者: Mirko Stocker フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 鰈崎 義之 - CSKシステムズ フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2009年12月6日. 推定読書時間: 4 分 |

原文(投稿日:2009/12/03)へのリンク

"Ruby プログラマのための Ruby" Rubinus は、ようやく 1.0 のリリースを迎えようとしている。実環境のアプリケーションを実行するための互換性、MRI 1.8 と同等の性能、コードの品質に、1.0 リリースは焦点を当てている

Rubinius リード開発者の Evan Phoenix は、このリリースがこんなにも重要な理由と何を含んでいるかについて、InfoQ に語った。

1.0 は、私たちが Rubinius を始めて以来取り組んできた、本当のリリースです。私たちは 1.8 との互換性と同等の速度に近づくことを目指しています。既に互換性は非常に高く、RubySpec を使うことで指導力としています。

速度面では、既に Rubinius は多くの点で 1.8 よりも何倍も速いです。一押しは、1.8 実装を構成している C コードと同等の速度で動作するコアクラスを実装する、全ての Ruby コードを獲得していることです。

既に私たちは、実環境でのそのままのコードが Rubinius 上で数倍速くなっているという、いくつかの外部報告を得ています。確かにそれらの結果は、1.0 のすべてのコードに対して拡大できるわけではないでしょうが、私たちが本当に近づきつつあることを示しています。

Rubinius は、Low Level Virtual Machine (LLVM) コンパイラ基盤をネイティブコードの生成に使うことができます。ここで留意するべきは、LLVM が現在 RC1 においてデフォルトで有効になっていないことです。

LLVM の仕事は偉大です。1.0-rc1 において、LLVM が組み込まれた Rubinius を手に入れるためには、 configure に --enable-llvm オプションを渡す必要があります。rc2 においては、デフォルトで LLVM を有効にして作成するようにし、もし使いたくないなら無効にできるように、私たちはおそらく変更するでしょう。

もし LLVM が組み込まれていれば、デフォルトで JIT は有効になり、何度も実行されるメソッドを自動的にコンパイルします。私たちは、LLVM から素晴らしい成果を、特にプロファイリングのような作業で使うことで、得ています。これは、どのメソッドが共通に呼ばれていて、それらをインライン化して、性能を向上できるかを示すことができます。

初期の Rubinius においては、焦点は網羅性の向上であり、それは RubySpec へと繋がりました。今では基準は、性能を支持するように移りました。あるいはまだ網羅性のままでしょうか?

私たちは、どちらにも焦点を当てています。以前は、焦点は主に網羅性でした。しかし昨年の間に、私たちは性能に多く焦点を当てるようになりました。LLVM の仕事は、その直接の結果です。そして多くの時間を費やしています。

性能としては、素晴らしくなってきました。マイクロベンチマークにおいて、私たちは、1.8 よりもかなり速く(何百倍とまではいきませんが)なっています。しかし知ってのとおり、マイクロベンチマークの結果は、実環境のコードにそのまま当てはまるわけではありません。この点において、私たちはあちこちの結果を見ているところです。何人かのユーザは、数倍の速さだと報告しています。何人かは同様の性能を報告しています。かなり性能が遅くなったという報告もあります。

すぐに私たちは、性能が低下するそれらの領域に真剣に取り組んでいます。私たちは、性能の課題を分離し修正することを支援する、内臓プロファイラのような多くの素晴らしいツールを自分自身で作りました。

性能の改善では、私たちは最初に ruby コード自体の改善を作ることを調査します。これは、アルゴリズムに関する改善や非効率なコードの修正という長い道のりを行くことになります。

性能改善するための、もう一つの主なツールは JIT の改善です。ruby コードをより効率的なマシンコードへとコンパイルする方法を JIT に教えることは、大きな利益供与となり、私たちはいつもこれに取り組んでいます。

性能と互換性の改善に加えて、Rubinius は、end の閉じ忘れの際のエラーメッセージのように、他の領域でも進歩していますね。

そしておそらくもっとも興味深い質問、Rubinius 1.0 は Rails を実行できますか?

もちろん! rc2 では、rails 2.3.5 と rails 3 の両方を実行できるようになるでしょう。

1.0-rc2 は、12月末にリリースします。皆さんが年末年始休暇中に遊ぶのにちょうど良いように!

最初のリリース候補を Rubinius の Web サイトからダウンロードすることができる。さぁ、あなたの 1.8.6 におけるコードをテストして、見つけたすべての不具合を報告しよう。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT