BT

Ruby VM 総まとめ: 1.9.2のDTraceのサポート、Rubinius 1.0 RC2にインストーラの追加、IronRubyのIDE

| 作者: Werner Schuster フォローする 6 人のフォロワー , 翻訳者 徳武 聡 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2010年1月21日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2010/01/16)へのリンク

Rubinius 1.0 RC2がRubiniusのウェブサイトから入手できるようになった。バイナリインストーラが利用できるようになったので、Rubiniusを使ってみたい新しいユーザは簡単に試すことができる。Rubiniusを考慮すべき理由のひとつはこれらのRubiniusと他の実装を比較したベンチマークの結果をみればわかる。もちろん - いつものように - ベンチマークの結果には多少の誇張があるに違いないが、インストールが簡単になったので、ユーザは自分のアプリケーションでVMのベンチマークをとることもできる。

一方、Ruby 1.9.2はDTraceをサポートするようになった。最近のインタビューで園田裕貴氏は、Socket APIをオブジェクト指向らしく改良したことやTimeクラスの改善、あたらに追加されたRandomクラスなど、1.9.2の多くの改善点とともにDTraceのサポートについて語っている

その他のMRI関連のニュースとして、WEBRickとRuby 1.8.x または 1.9.1のユーザは最新のパッチを入手することが推奨されている。脆弱性の詳細についてとその修正版へのリンクについてはRubyの公式サイトで確認できる。

また、IronRubyもリリース候補版を公開しながらバージョン1.0へ向かっている。IronRubyチームのJimmy Schementi氏は現在のIronRubyの状況とバージョン1.0をリリースした後のことについて説明をしている
.NETコミュニティでIronRubyが人気になるために必要なのはIDEのサポートだ。Visual StudioのアドインであるRuby in Steel IDEはまもなくバージョン1.5がリリースされる予定だが、今まで試験的に続けてきたIronRubyのサポートは打ち切るようだ。SharpDevelop IDE はSharpDevelop 3.1でIronRubyのサポートをおこない、シンプルな構文のハイライト機能やコードの折りたたみ機能を盛り込む。また、C# や VB.NETのコードをRubyのコードへ変換する機能の初期版も盛り込まれる。しかしリリースノートには、この機能はまだ初期段階にあり、シンプルなコードの変換しかできないと書いてある。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT