BT

新しいBase Class LibraryのフィーチャをCodePlexでデモ

| 作者: Jonathan Allen フォローする 526 人のフォロワー , 翻訳者 編集部N フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2010年4月12日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2010/04/07)へのリンク

Base Class Library は、CLRプラットフォームのコアである。あなたが、.NET, Silverlight, あるいは Monoを使っているかは問題でない、またあなたがリッチクライアントあるいは、webアプリの開発者であるかは、問題でなく、もしあなたが、CLRを使っているなら、あなたは、 Base Class Libraryを使っているわけである。なので、もちろん、BCLにおける変更は、その全領域の開発者にとって特別重要である。

開発プロセスにおいて、もっと透過的にそして、より早くフィードバックを得るために、MicrosoftのBCLチームは、CodePlexで新しいクラスをプレビューしている。ここで、開発者は、それらを試すことができる。それは、オープンソースなので、クラスを変更して、更に実験してみることができる。

最初に提供されているクラスは、 BigRationalある。2つのBigIntegerをベースにして、どのような有理数でも正確に保存できる。分子と分母を別々に保存するので、1/3 のように通常、正確に保存できなかった分数でさえサポートされる。

次が、LongPathDirectory と LongPathFileである。プレフィックスの“\\?\”無しに、ファイルパスに 32,000文字まで使うことができるようになる。いくつかの理由で、これを含めるのは、ちょっと同意できない。まず第一に、CLRがほとんどのプラットフォームで使われる方法を見つけようとしている時に、非常に Windows特有のフィーチャである。次に互換性に関して根本的な疑問がある。 Windowsプラットフォーム上のほとんどのAPIやアプリケーションは、長いパスを認識しないので、長いパスを使うのは、ものすごく危険を伴う。BCLブログで、 .NETにおける長いパス に関連するいくつかのリスクについてもっと知ることができる。最後に、もし Microsoftが、根本のWin32 API に必要な変更を加えたら、その時は、これらのクラスは、不要になる。

最後に、Event Tracing for Windowsと連携するライブラリとそろいのコマンドラインアプリケーションがある。このライブラリは、生のイベントストリームをパースするための低レベルのAPIと分析のための高レベルのオブジェクトモデルを含んでいる。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT