BT

SQL Azure が新機能と試作ラボを公表

| 作者: Jonathan Allen フォローする 610 人のフォロワー , 翻訳者 勇 大地 フォローする 1 人のフォロワー 投稿日 2010年4月4日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2010/03/31)へのリンク

SQL Azureの新機能(MARSサポート、空間データ型、50GBのサイズオプション)が数カ月後にサービス展開される。また、SQL Azure Labも利用可能になり、紹介予定であるOData Servicesといった試用版機能が改善予定となっている。

MARSはMultiple Active Result Setsの略称である。SQL Server 2005から導入され、同一接続内で複数の同時処理が発生することを考慮されている。一連の処理が同一トランザクションを共有できるが、クエリ発行やDML処理の実行順序について厳し制約が存在する。SQL AzureでのMARSサポートは4月を予定している。

Open Geospatial Consortium標準に基づいた、geographyデータ型とgeometryデータ型が2008年にSQL Serverに追加された。これらはSQL Azureで提供予定であるが、6月までは提供されない予定。

公約された機能の最後は、50GBオプションである。6月まで、50GBオプションは1GBオプションや10GBオプションのような公な利用可能形態とはならない。50GBオプションが早急に必要な開発者は、早期採用プログラムに登録することができる。Eric Nelson氏は、自身のブログに詳しい情報を記載している。

SQL Azure Labsは、SQL Azure新機能についての検証基盤である。それらの機能を製品バージョンに取り込んだ場合の保証は無いが、機能が製品に取り込まれる前に開発者がフィードバックを申し出る事を許している。現在、唯一の機能はOData Service for SQL Azureである。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT