BT

Silverlight ToolkitがSilverlight 3とVisual Studio 2008のサポートを停止

| 作者: Jonathan Allen フォローする 530 人のフォロワー , 翻訳者 猪股 健太郎 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2010年4月22日. 推定読書時間: 1 分 |

原文(投稿日:2010/04/20)へのリンク

2008年に最初に登場して以来、Silverlight ToolkitはSilverlightプラットフォームの不可欠な一部であった。今回の7つ目のバージョンでは、Visual Studio 2008とSilverlight 3のサポートは削除され、つい最近リリースされたVisual Studio 2010とSilverlight 4がサポートされている。

ツールキットはオープンソースであるため、新機能は必要だがSilverlight 3にとどまりたいという開発者は最新版の一部をバックポートすることもできる。コンポーネント群はWindows Presentation Foundationを意識して開発されたため、多くのものはWPFにバックポートすることもできる。

ツールキットに含まれるコンポーネントは4つの品質グループに分けられている。成熟/SDK版、安定版、プレビュー版、そして実験版である。時がたてばそれらのコンポーネントの多くが上位の品質グループへと移動する。最上位のものはSilverlight SDKに取り込まれる。コンポーネント群に加えて、単体テスト、コードカバレッジ、ブラウザ内自動テストといった開発ツールが実験的に含まれている。今回のリリースには以下のものが新しく追加された。

  • 積み上げ型の棒グラフ(横・縦)、折れ線グラフ、面積グラフ
  • 簡単に右クリック対応できるContextMenuとContextMenuService
  • SystemColorsテーマなどに実行時に切り替えられる動的テーマ
  • パネル間でドラッグ&ドロップできるPanelDragDropTarget

なお、今回のツールキットからReactive Extensions Frameworkも削除されていることに注意すること。これは、開発者はRx Frameworkの最新版を入手できるためである。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT