BT

Visual Studio 2010に向けたToad for Oracleの拡張

| 作者: Abel Avram フォローする 11 人のフォロワー , 翻訳者 渡嘉敷 満理子 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2010年4月22日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2010/04/15)へのリンク

ToadはOracle、DB2、SQL Server、MySQLなど、主要データベースの管理、開発、パフォーマンスの最適化を行うための一連のツールである。Quest Softwareは、VSの機能(コード・リファクタリング、バージョン・トラッキング、コラボレーション、ユニット・テスト、ライフサイクル管理など)を利用するためにToad for OracleVisual Studio Extensionを作成した。

開発者はToadを使用して、PL/SQLパッケージ、プロシージャ、トリガー、およびファンクションのビルド、テスト、デバッグが行える。また以下に示すように、テーブル、ビュー、ユーザ、制約、インデックスを作成することも可能だ。

  • Oracle8のTYPEオブジェクトを含むオブジェクト(テーブル、ビュー、インデックスなど)の作成、参照、変更
  • クエリのグラフィカルなビルド、実行、チューニング
  • PL/SQLの編集とデバッグおよび「ストアドプロシージャ」(ファンクション、パッケージ、トリガーなど)のプロファイル
  • オブジェクトの検索
  • 制約、トリガー、エクステント、インデックス、権限に関するデータベースの問題の検出と修復。ToadはOracleのOCIを直接コールしてOracle APIに完全にアクセスする。

Toad for Oracle Extension for Visual Studio 2010は、VSの機能(オフライン・データベース 設計、開発と変更管理、アプリケーション・ライフサイクル内での統合など)を利用して、この2者間の統合を可能にしている。

開発者は、Oracle DBスキーマをインポートした後、TFSで変更の追跡をしながらの作業、コードのリファクタリング、オフライン・バーションのスキーマに対する変更の適用、スキーマの比較とマージ、他のチームメンバとの意思疎通などができる。また、開発者はユニット・テスト用のデータを生成することもでき、変更が夜間ビルドに組み込まれるようにスケジュールすることも可能である。

Toad Extensionでは、データベースに関連するコードのセマンティックや構文の検証が行われる。バージョニング機能により、異なるバージョンのスキーマを比較できるようになり、開発者は実行された変更のロールバックやロールフォワードが行える。

Extensionを作成するにあたり、QuestはVSの拡張ポイントを利用した。中でも多くのデータベース・サービスをサポートするベースクラスである、Database Schema Providerを拡張している。データベース・サービスには、スクリプトの構文解析とそのモデル化、スクリプト・モデルのスキーマ・モデルへの解釈、あるいはその逆で、スキーマ・モデルからのスクリプト・ファイルの生成などがある。

Toad Extension for VS 2010は、現時点ではベータ版である。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT