BT

Oracle が Eclipse の Java 問題に対処

| 作者: Alex Blewitt フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 吉田 英人 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2010年8月17日. 推定読書時間: 5 分 |

原文(投稿日:2010/07/30)へのリンク

先週報告したとおり,Oracle は Java 6u21 のブランド変更に関する問題に迅速に対応した。Java インストーラの再設計によって Windows マシン用の最新リリースビルドは 1.6.0_21-b07 になった。問題が影響するのは Windows のみであるため,Solaris 用と Linux 用はバージョン 1.6.0_21-b06 のままだ。

この問題に対する Oracle の素早い対応と解決は賞賛に値する。Eclipse のランチャーが非サポート API を使ってベンダを検出していたのが原因なのだから,本来 Oracle には解決する義務はない。それでも幸運なことに Oracle は,Eclipse がビルドを再設計するよりもずっと早く,この問題に対応することができた。Eclipse Foundation のマーケティングディレクタである Ian Skerrett氏はその状況を, "Oracle は Eclipse の修正において,素晴らしいコミュニティサポートを実演してみせた" という見出しで完璧に要約した。

残念なのは,Ed Burnette 氏が ZDNet ブログにおいて,もっと批判的な "Oracle の Java ブランド変更が Eclipse を破損した" というタイトルを使用して,これが Slashdot で繰り返し取り上げられたことだ。皮肉なことに,Ed のブログポストの内容では,(月曜日にリリースされた)フィックスによって問題が解決したことが実証されていた - しかし Twitter の 140 文字という制限のため,タイトルが Ed のポストを指し示すただひとつのメッセージになってしまったのだ。

Twitter などソーシャルネットワークの出現による情報展開の加速を示すこのエピソードには,いくつもの教訓が含まれている。

  • 一見して無害なものでも,連鎖反応(knock-on effecr)を持つようになる場合がある。今回のような事態を JVM チームが予見することは,現実的には不可能だった。また Eclipse チームも,このようなブランド変更が起きるとは知るすべがなかった。しかしながら,"誰にも危害は加えないだろう" と思った小さな波及効果でさえ,予期せぬ結果をもたらすことがあるのだ。この件に関する最大のアドバイスは,マイナーリリースはバグフィックスのみに限定すること,不要な変更は次のバージョンへ回すこと,の2つだ。
  • 見出しは、コンテンツよりも多く繰り返される 。とりわけ Twitter においては,内容すべてが見出しと言っても過言ではない。ひとたび見出しを参照して "つぶやく (tweet this)" ボタンを (ZDNet がやったように) 押したならば,それが内容そのものよりも早く広まることになる。内容を読まずにタイトルだけで推測する人も現れるだろう。
  • ブランド変更は,いずれ JDK7で行われる。Oracle は多くの資金を使って Java の 権利を取得したのだから,JDK7 がリリースされたときには,当然ブランド名を変更するだろう。今回の件はその前触れと理解すべきだ。
  • これは Eclipse Helios リリースだけの問題ではない。問題の発端は,この探索処理が取り入れられた Eclipse 3.3 の時点までさかのぼる。Eclipse のすべてのバージョンがこの問題に影響されるにも関わらず,フィックスが予定されているのは Eclipse Helios だけなのだ。
  • Eclipse は単なる IDE ではなく,プラットフォームだ。したがって影響を受けるのは,最新かつ最大の JDT だけではない (いずれにしても,開発者はツールの更新に対する反応が早いものだ)。Eclipse には派生 IDE や,それをベースとする市販アプリケーションがたくさんある。IBM はツールの全スイートがそうであるし,Windriver や Oracle 自身も所有している。彼らの製品ロードマップは,Eclipse のリリーストレイン自体に丸一年遅れている場合もある。さらにこれらの企業は,Eclipse Foundation とその開発者にとってのスポンサーでもあるのだ。"使い続けるためには,最新のものにアップグレードしなければならない" と言うのでは恐喝も同然だ。

この変更に対する Eclipse の対応は後手に回っている。Oracle の迅速な発想とコミュニティ精神を持った対応がなかったならば,Eclipse 派生プロダクト (プラットフォームあるいは IDE) の開発者すべてが影響を受けていたことだろう。Eclipse がリリース手法として同期リリーストレインを毎年実施するようになってから,この6年の間は緊急の問題に対処する必要がなかった,という指摘もある。5番目あるいは6番目のマイルストンにおいて問題点をすべて解決してきた,というのだ (ただし Eclipse m5a あるいは m6a の再設計が必要になったことは度々あった)。それでも9月に計画されている 3.6.1 リリースでは,今回の問題への対応としてはあまりにも遅すぎる。Galileo の (最も早い場合で) 3.5.3 リリースでも同じことだ。立ち上げ直後に発覚した重大なバグに対処しなくてならない,という状況は,Eclipse にとっては未知の新領域である。自らには原因がないとしても,速やかに対応可能な立場であることが,ソフトウェア開発者としての彼らの責任の証明に他ならない。Microsoft の "火曜日パッチ" の批判者は,緊急性のあるパッチを次のリリーススケジュールまで残すのは容認しがたい,と言う。Eclipse のリリース手順についても同じことだ。

Oracle は当面の障害解決への対処では柔軟性を見せたものの,問題は解決せずに先送りされたままだ。最新の IDE 利用者のみならず,問題の生じるプラットフォーム上にソフトウェアを構築した開発者に対して,今後この問題を解決する責任があるのは Eclipse だ。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT