BT

Ready for InfoQ 3.0? Try the new design and let us know what you think!

多様性の価値

| 作者: Shane Hastie フォローする 30 人のフォロワー , 翻訳者 編集部N フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2010年8月10日. 推定読書時間: 6 分 |

原文(投稿日:2010/07/25)へのリンク

これは、アジャイル チームが成功するための要素を検討する議論のシリーズ第2弾である。性、文化、意見、観点、スキルそしてバックグラウンドは、高パフォーマンスなチームを作り、維持するのに、重要な要素だと考えられている。このニュースでは、様々なコメンテーターからの視点を検討する。


単に多様性という言葉を使うと、論争の原因になる-しばしば形だけの平等主義と政治的には、間違っていない割当制度に結び付けられる。そしてどんなタイプであれ、外部から人為的に押し付けられた多様性は、たいてい抵抗にあう。


Agile Allianceが、プログラムのスポンサーになって、より広範囲なアジャイル コミュニティにおいて、 性の多様性を認識し、奨励しよう としており、アジャイル コミュニティでの「大変素晴らしい女性」を見つ出し、その話題を公開しょうとしている。このプログラムには、重要なマイルストーンがあって、 Agile 2010でその話のいくつかを目玉にする展示を予定している。 Google Group は、議論をトラックし、このプログラムを宣伝するために作られた。


多様性は、効果的なチーム作りに重要であり、性の多様性だけではない – Johanna Rothman (www.jrothman.com) は、多様性の価値と重要性について、投稿し続けているコメンテーターの1人である - 彼女が指摘する重要な点には:

  • 女性 は、もっと協調のスキルと共感を持つスキルをチームにもたらす傾向にある(大雑把に一般化したが、自分でもわかっている)
  • 問題が複雑なほど、もっと多様な 個性と経験がチームには必要である。なぜなら問題解決への違ったアプローチとバックグラウンドが、チームにどのようなオプションがあるかを理解する、助けになるからである。
  • 私は、かつて全員が内向きで、決定するのが早く、そして同じような製品開発経験を持つ人達が集まったチームで働いたことがある。全く新しい製品を開発することになったら、問題が起きた。チームの誰もがとっさに、変わった考えを言い出すことはなかった。しばらくしても、誰も選択肢を述べることをしなかった。それで決断を下すのに、もっと長い時間かけることを好む人を雇った。その人は、また元のチームメンバーとは、違う考えで、問題とソリューションを結びつけた。そのため彼は、チームにとって非常に役立つ増員となった。
  • 新卒者は、経験者よりもずっと有利な立場にいる:彼らは、解決する必要のある問題が、解決できないなんて知らない。彼らが、大学の4年間に教育されたのは、全ての問題は学期末前に解くことができる、ということである。彼らは、その楽観主義を仕事に持ち込んでくる。
  • もしあたなたが自分がやってきたようなことをしてきた ベテラン だけを求めるなら、欲しい人が得られるだろう。チーム能力を増強するために、似たような人々ではなく、経験上の多様性も考えるべきである。

Pawel Brodzinski氏は、なぜ彼といっしょに働くチームに 女性を入れようとするかを説明している(これらの事は、一般化されていると認めた後で- 私は、ここでは一般化する、そして故意にそうしている。実際のところ、1時間ぐらいのインタビューで、相手の個性がどうだったかなど、言うことはできないので、いつもバイアスや偏見は、つきまとうものだ。) :

  • 女性は、チームの人材プールに違ったソフト スキルをもたらす。彼女たちは、男よりももっとオープンで、感情豊かだ。簡単なテストをやって、前回のことを思い出すか、その記録をチェックすることだ。そうすると男よりも女性の方が色々ことを指摘したり、話題にしたりしているのがわかるだろう。
  • 女性のほうがもっと文化的である。。男だけの集団は、豚の群れのようなものに、変わっていく傾向にある。女性を仲間に入れると、不思議に、皆のマナーや喋り方が良くなる。豚もいいけど、一緒に仕事は、したくない。
  • 女性の方が責任感がある。これは、私の偏見の1つだが、女性がひどい二日酔いで仕事に来ることは、ほとんどないが、二日酔いで来た男のリストを作ったら、すごく長いものになってしまう。
  • 女性の方が責任能力がある。この直前の点と関連している。女性の方が自分の仕事をもっと真剣に、取り組む傾向にある。例え、個人的に約束していないことでも、自分たちのボスが期待していると、たいてい自分たちのコミットメントが、より強くなる。そして私が思うには、多くの哀れなマネージャーがチームに対しても、このような非現実的な期待をしている。
  • 結局、この業界には、女性が多くない。だからその状況を悪くしないことだ

そう言っても、私は、性別だけで、女性の方を雇うわけではない。両方の候補に非常に差があれば、私はいつもいいほうを選ぶ。美人のほうではない。

Scott Hanselman氏は、南アフリカのソフトウェアのアーキテクトであり、コーチである Aslam Khan氏に オーディオ インタビュー した。Khan 氏は、多様な文化的バックグラウンドを持つ人々からなるチームを扱っている。ポッドキャストで、彼らは、チームメンバー同士が本当に理解しあうための時間を取ることが、重要であることを話しあった。この意味は、深く、有意義な方法でお互いを知り合うことである - チームメートの価値観や考え方を理解するための努力をすることである。


Khan氏は、典型的な求人広告には、「チームでうまく仕事ができなければならない」というような文言がある、と話し、一体どういう意味なのか、と聞いている。チームは皆違い、「チームで働く」ための魔法の公式は、無い。チームメンバーは、自分たちの振る舞いや言動が仲間に与える影響を意識的に考えることが重要である、と話している。


彼は、Zulu語の“Ubuntu” を引き合いに出して、Desmond Tutu よって使われた言葉で、いかにチームメンバーがお互いにこれを育む必要があるかを語った:

Ubuntuを持った人は、他人にオープンで、手を差し伸べ、人を認め、他人が有能で、良くても恐れることはありません、なぜならそのような人は、他人が屈辱を感じたり、落ち込んだり、ひどく苦しめられたり、抑圧されたりした時は、自分がもっと大きな世界に属し、いっしょに落ち込むことを知っていて、このことから生まれる、正しい自信をもっているからです。
大司教 Desmond Tutu “God Has A Dream” 2004年 Doubledayによって出版された
 

Bill Gaiennie氏は、彼がいっしょに仕事をしてきた、チームが成功する要素について、いかに 多様性が重要 であるかを話している:

このような複合適応システム (チームとして組織された)において、何が成功をもたらしているのかをもっと深く探ると、経験、知識、個性そして活力における多様性がチームを真に優れているものにする、ということがわかる。自然界で同じことが Darwinによって発見された。彼は、「どのような種の子孫でも、構造、組織、そして習慣が多様化しているほど、それだけ彼らは、自然組織においても、より多くそしてより広く多様な場所に、うまく順応して生きていくことができる。」と書いている。多様性が表明され、定期的に実行されている限りは、チームの多様性は、その最大の強さのひとつである。
 


あなたのチームは、Ubuntuな態度で、お互いを扱ってますか? 多様性があなたの組織の強みと財産ですか?


 

Rowan McCann氏が個性における多様性についてInfoQのここで議論している。

 

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション
BT