BT

IronPythonとIronRubyのIDEサポート

| 作者: Jonathan Allen フォローする 611 人のフォロワー , 翻訳者 尾崎 義尚 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2010年9月7日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2010/08/18)へのリンク

上位3つのうち2つの.NET IDEが現在、動的プログラミング言語をサポートしている。SharpDevelop 3.2は、継続してIronPythonとIronRubyのサポートを拡張している。マイクロソフトは、IronPython Tools for Visual Studioを率いてこれに参加した。SapphireSteelは、Ruby in Steelを継続して奨めている。

まずは、リーダーであるSharpDevelopを見ていこう。現在のバージョンである3.2では、2.0ランタイムと関連するライブラリ (NET 3.0、3.5、3.5 SP1)をサポートしている。IronPythonとIronRubyの両方のクラスライブラリ、コンソールアプリケーション、WinFormsアプリケーションのテンプレートを提供している。WinFormsでは、ドラッグ&ドロップによるデザイン画面を提供している。IronRubyプロジェクトのデバッグは行えるが、IronPythonのブレイクポイントは、無視されているように見える。

現在開発中のSharpDevelop 4では、SilverlightとWPFがサポートされる予定である。

IronPython 2.7 Alpha 1は、製品グレードのVisual Studio 2010の拡張機能を提供する。 Python extensions for Visual Studioは、新しいものではないが、以前のようなコードサンプルではなく、本当の製品である。拡張機能は、IronPython Tools for Visual Studioとして知られており、オートコンプリートとクラスライブラリ、コンソールアプリケーション、WinForms、WPF、Silverlightのテンプレートを提供する。WPFとSilverlightだけは、ドラッグ&ドロップのデザイン機能が提供されるようになった。ブレイクポイントのような標準的なデバッグ機能は、期待通りに動作する。

マイクロソフトからのIronRubyに拡張に関するアクティブな計画は存在しないが、SapphireSteelは、Ruby in Steelと呼ばれるものを提供している。この商用製品は、Visual Studio 2005と2008 で、デバッグ機能、オートコンプリート、Ruby on Railsの視覚的なデザイン環境とたくさんのRuby on Rails開発用コードジェネレータを提供する。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT