BT

Team Foundation Serverのバックアップ ツールがリリース

| 作者: Jonathan Allen フォローする 530 人のフォロワー , 翻訳者 編集部N フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2010年9月29日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2010/09/14)へのリンク

Team Foundation Serverの3つの主要なバージョンの後に、Microsoft は、遂にバックアップとリストアを実行するツールをリリースした。これ以前は、TFSのバックアップをする、という一見単純なタスクは、最大で11個のデータベースのバックアップとレポート サービスに必要な暗号キーが必要だった。 バックアップ ガイドライン を注意深く学習することが、強く勧められており、バックアップが慎重に同期が取られていなければ、リストアが失敗する可能性がある。そして、全てのデータベースは、同じサーバ上になくてもよい。

リストアのプロセスは、もっと間違いを起こしやすい。まず注意が要るのは、データ層の名前を変えると、サーバに保存した Microsoft Projectファイルは、永久に失われる、ことだ。3つの復元シナリオで最も簡単なもののステップを以下にまとめる:

  1. Team Foundation Server が使っているサービスを止める
  2. Team Foundation データベースをリストアする
  3. Team System キューブを再構築(リビルド)する
  4. バージョン コントロール キャッシュ を削除する
  5. Team Foundation Serverが使うサービスを再スタートする
  6. (オプション)TFS用のサービス アカウントのセキュリティ 識別子(SID) をアップデートする
  7. (オプション)プロジェクト作成に使われるセキュリティ 識別子(SID) をアップデートする
  8. クライアント マシン上のデータ キャッシュをリフレッシュする

TFS Power Tools の9月リリースにある新しいツールを使って、バックアップは、ウィザードを介してスケージュールされる。ウィザードは、何をバックアップするかを設定できる、のと同時にSharePoint データベースを保存するようなオプションも提供する。

最も簡単なケース、ハード ドライブがロストした際の回復は、短く3ステップになる。

  1. 全てのTFSサービスを止めるために “tfsservicecontrol quiesce” を走らせる。
  2. ウィザードを使って、復元するデータベースを選択する。
  3. TFSを再スタートするために、“tfsservicecontrol unquiesce” を走らせる。

5年前に存在すべきだったものを大ベンダーが、今になって提供するのは、誉められた話ではないが、このツールは、TFSを走らせ続ける責任がある管理者に、安心を与えるだろう。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT