BT

Ready for InfoQ 3.0? Try the new design and let us know what you think!

クラウドソリューションの隠れたコストに注目する

| 作者: Dilip Krishnan フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 尾崎 義尚 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2010年9月16日. 推定読書時間: 5 分 |

原文(投稿日:2010/08/25)へのリンク

先日、David Pallman氏はクラウド(特にAzure)に移行したときの隠れたコストに着目した投稿を行った。

クラウドコンピューティングは、多くの組織の収益を助け、現実のビジネスにおいて利益があります。でも、実際のコストは、期待よりも高いことに驚いたと聞いた(もしくは直接経験した)ことがあるでしょう。

“これらのコストは、本当に隠れていたわけではなく、見落としていた、勘違いしていた、または少なく見積もっていたものが大半である。”彼は、クラウドベースのソリューションにおいて、見落とされがちなコストについて述べている。

隠れたコスト#1: 価格の面
David氏によれば、#1の様々な面を考慮せずにプロバイダサービスが計測されることである。すべてのサービスは、バンド幅、ストレージ、トランザクションコスト、サービス料など条項により、利用したサービスの面で計測することができる。

クラウドにあらゆるものは安いが、あらゆる種類のサービスには追加の費用が発生します。さらに悪いことに、プラットフォームに追加された新しい機能とサービスは、請求の数を増大させます。

彼は、Windows Azure TCO Calculator、NeudesicのAzure ROI Calculator、公式のWindows Azure価格情報のようなROI計算ツールを使用している消費者に提言している。

隠れたコスト#2: バンド幅
”バンド幅はしばしば、クラウドコンピューティングの価格見積もりの中で、見落とされるか正しく評価されないことがある。”彼は、主立ったシナリオをもとに概算見積もりを出すために、Fiddlerのようなツールを使って、バンド幅の使われ方をモデル化することを提案している。または、バンド幅を狭めるか、最小のトラフィックパスを提供するためのアーキテクチャをモデル化する方法も考えられます。

隠れたコスト#3: 蛇口の出しっ放しにしない
彼は、後から驚愕することを避けるために、時々支払と請求を確認することを提案している。

アプリケーションを放置したまま忘れると、間違えなく驚きの請求を受け取るでしょう。一度、クラウドにおいたアプリケーションやデータは、それを取り除くまで、毎月コストとして支払が発生します。クラウドになにかをおいたまま忘れてしまうことは、容易に発生します。

隠れたコスト#4: コンピューティングの請求は、使用量をベースにしていない

隠れたコスト#6: 休止状態のアプリケーションは、請求対象のアプリケーション

彼は、もしアプリケーションが使われていないか、休止状態だとしても、請求対象外という意味ではないと強調する。彼は、ユーザーの請求ポリシーをチェックするように促している。

クラウドコンピューティングにおける一般的なメッセージでは、消費ベースの価格であると言われています。多くの人々は、これは、アプリケーションが使われた時間で価格が計算されると想定します。ところが、Windows Azureの場合は、稼働していない時間でも請求が発生します。

隠れたコスト#5: 製品と同じステージングコスト

勘違いしがちなのが、製品とステージングの2つの環境がある場合、製品環境のみが課金されるのではなく、両方とも同じレートで課金されることです。

一時領域としてステージング環境を使って、なにかを配置したら、それは製品環境に昇格するか、ある程度の時間でシャットダウンする必要があります。誰かにステージングに配置して削除を忘れないようにチェックする作業を与えるか、このプロセスを自動化するのがよいでしょう。

Hidden Cost #7: 二重に見える

ファームごとに最低2サーバーが必要だとして、Windows Azure SLAの支援を望んだ場合、スリー9の可用性を得ることになります。もしこれを認識していない場合、あなたのホスティングコストの見積もりは、100%減らすことができるでしょう。


隠れたコスト#8: ポーリング
クラウドにおけるポーリングデータは、高価なアクティビティで、トランザクション料の被害を受ける。ポーリングの量に応じて、すぐにコストに跳ね返ってくる。彼は次のように提案する

ポーリングの代替手段を見つけるか、費用対効果が高いポーリングの方法を行うかのどちらかです。効率的なポーリングは、スリープを使用したアルゴリズムで、前回からの変更を見るように実装することです。

隠れたコスト#9:望まないトラフィックとDoS(Denial of Service)攻撃

彼は、DOS攻撃やスパイダーなどのフォームへの予期しないトラフィックによって期待していないトラフィックが増加することについて警告する。彼は、予期しない請求に対処する最適な方法は、アプリケーションのセキュリティ監査とCAPTHAなどのコントロールを提供することを提案する。

アプリケーションがクラウドにホストされている場合、意図的なユーザよりも多くアクセスされていることに気づくでしょう。これには、好奇心や不慮のWebユーザ、検索エンジン、ハッカーや競合するものからの悪意のあるDoS(denial of service)攻撃が含まれます。もし、Webサイトやストレージがボットによって定期的にアクセスされていたら、バンド幅の請求はどうなるでしょうか?

隠れたコスト#10: 管理
最後に彼は、これらの要素の締めくくりとして、これらのサービスの効率的な使い方とその結果の請求を管理するための固定的なコストについて取り上げた。

定期的にアプリケーションのヘルスをモニタする。定期的に請求をモニタする。定期的にクラウドにあるものがクラウド上に必要なのかをレビューする。定期的にアプリケーションにかかっている額をモニタする。開発したもののサイズ、負荷にあうように調整する。
クラウドにおけるITコストの効率がよいところは、開発規模の大きさにあわせて調整することができることです。これはを実現する方法は、日常的にパフォーマンスモニタを行い、調整するだけです。

彼は、彼の記事の締めくくりとして、初回は正しい結果が出なかったとしても、何度かの実験で期待通りの結果を出すことができるだろうと話している。インフラの評価やエキスパートのガイダンスを探すことができるだろう。

クラウドコンピューティングは、通りすぎるには価値がありすぎる、ダイヤの原石のように重要な存在です。

元の投稿のコメントセクションにあなたの経験を投稿して、よりよくしていって欲しい。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション
BT