BT

InfoQ ホームページ ニュース Oracle、JDKにプランBの採用を正式発表

Oracle、JDKにプランBの採用を正式発表

ブックマーク

原文(投稿日:2010/09/21)へのリンク

以前紹介したように、Mark Reinhold氏は自身の記事へのコメントにおいて、プランBの支持が多いことを述べた。

そして結局、JavaOneにおいてプランBの採用が発表され、それに続いてプレスリリースが発表された。これにより、ラムダ式、モジュール化、SwingアプリケーションフレームワークがJDK7に含まれないこと、そして、これらがJDK8で利用可能になるかは何ら約束されないことがはっきりした。アップデートされたJDK7の機能一覧は以前と大体同じだが、コレクションに対するリテラルのサポートがProject Coinからドロップし、将来ひとつのJSRにするとして延期された。

うまく入ったのはすでに動作していたものだった。JDBC 4.1 がJDK7に含まれること(すでに完成していたことを考えると、障害はなかった)や、JAR/ZIPファイル用の追加のNIO.2ファイルシステムサポートが発表された。もともと計画されていなかった改善点としては、TLS 1.2サポートやWindowsプラットフォームにおけるVista IPv6スタックの利用なども含まれる。

買収のことをすっかり忘れて、OracleはJavaプラットフォームを前進させようと苦渋の決断をしているようだ。JavaFX Scriptのような弱すぎる技術に対してリソースを展開するのではなく。これが早すぎるのか遅すぎるのかは現時点ではわからないが、Oracleには、Sunができなかった、あるいは、やらなかった実利的な判断を下すだけの勇気がある。しかし、JCPや自由に使えるJavaのTCKがないことといった現在進行中の問題については言及されておらず、これらは今回のJavaOneでは解決されないようだ。それがJava標準にどんな意味があるのか、現時点ではまだわからない。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。