BT

どのプロセスでも自動化できるか?

| 作者: Boris Lublinsky フォローする 0 人のフォロワー , 翻訳者 編集部N フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2010年9月2日. 推定読書時間: 3 分 |

原文(投稿日:2010/08/11)へのリンク

BPMの進歩によって、企業は、もっともっとプロセスを自動化しようとしている。このような状況で、共通の疑問は,どのプロセスを自動化して、どれを現在のままにすべきか,ということである。 Julian Sammy氏は、新しい投稿で、いつプロセスは、自動化が及ばなくなるかを論じている。氏によれば、自動化が不可能なプロセスの主要なカテゴリーが3つあるという。

不可能な自動化: このカテゴリーには、自動化できないプロセスが含まれる。 Douglas Hofstadter氏の本をベースにした、"Gödel, Escher, Bach: An Eternal Golden Braid"、偉人が断言するには、閉じたシステムでは、物事には2種類ある:

  • 証明できることと
  • 証明できないこと。

Sammy 氏がこれから結論するのは:

... いかなる計算デバイス-コンピュータ、脳、アリツカ、何でも-解決できな問題にブチ当たる。以下のことも意味している、問題の脳は、ある事実を知るだろう。その事実は、-状況は、真実ある- それは、理論的にも、真実であると証明できないことである。

実際の問題として、 この意味は、あるプロセスは、余りに複雑で自動化できない、ということである。その動きには、余りに多くの例外があり、これらの例外的な状況を記述するのは、不可能な場合である。ある状況では、自動化を実装することが可能であるが、いつも人の介入を必要とする状況があるのである。

高価すぎる自動化: このカテゴリーには、技術的には自動化できるが、その自動化の利益が投資を正当化できない場合である。氏が要約すると:

時々、あなたは、プロセスをどう自動化するのか知っている、しかし、変えるのは余りに投資がかかる(人、プロセスそしてツール)、あるいは、余りにリスクを伴う場合がある。

理不尽な人間: このカテゴリーには、技術的には、プロセスは、投資効果のある自動化ができるが、信用がないため、誰もそれを承認しようとしない場合である。氏が上げた例は、パイロットのいない旅客機やドライバーのいない車のようなプロセスである。彼によると:

パイロットを外したり、ハンドルから手を離すようなことは,めったに起きることではない。人は、合理的なリスクを取ることは、嫌いであり、実際のコントロールよりもコントロール感の方を喜んで求める(他にもたくさんの認識エラーや認識不足が人間にはある)。これら筋の通らない要素に影響するどんな変更でもやろうとすると、驚くのである。

彼の意見では、成功するEAであるための基本的な要求の一つは、実際には何も持たずに、リードする能力である:

もしあなたがよいリーダーシップ スキルを持っていないなら、基本的にあとはどうでもいい... もしあなたが引っ張らずに、率いるリスクも取らないなら、変革は起きません。今日、プロへの障壁の1つが、多くのアーキテクトがリーダーシップのリスクを取る用意が出来ていない、ことです。

理論的には、自動化の能力には限界はないが、 Sammy氏が投稿で強調するのは、自動化しようとする全てのビジネス ケースを注意深く評価することが、必要なことである。 Joe McKendrick氏が、自動化に関する投稿で述べたように、以下のことを考える必要がある:

  • ビジネス目的のために自動化プロジェクトの妥当性を証明する。
  • その仕事に対するコストの妥当性を証明する。
  • 影響を受ける人々からのサポートを確立し、その証のサインをもらう。

ビジネス分析によって、自動化の利益が支出を上回り、かつ、自動化への支持が充分な場合にのみ、自動化を実施すべきである。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT