BT

InfoQ ホームページ ニュース 将来のWCFは、RESTful

将来のWCFは、RESTful

ブックマーク

原文(投稿日:2010/10/21)へのリンク

Windows Communication Foundation (WCF) のプログラム マネージャであるGlenn Block氏は、 “WCF、Webに向かって進化中” と題するオンライン ウェビナーで、サービス指向のアプリケーションを作るための?Microsoftのフレームワークは、思いっきりリファクタリングされ、新しいアーキテクチャは、HTTPが中心になる、と語った。

氏は、オンライン セッションの始めに、業界の現在の動向をまとめた。

  • クラウドベースのコンピューティングに移る
  • SOAPからの移行
  • あらゆるデバイス上で走るブラウザへシフトする
  • RESTの採用が増加する
  • OAuth, WebSockets のような新生の標準

現行のWCFのアーキテクチャは、このスライドに見られるように、ほとんどSOAPをベースにしている、と彼は言う。

image

多くのタイプのサービスに通信できる一方で、現行のWCFアーキテクチャは、複雑で、スケーラビティがあまりない。そこで次のスライドに示されるようにHTTPベースのサービス間で、より単純な通信にしたいと考えている。

image

HTTPは、.NET 3.5で導入され、HTTPを介してアクセスできるサービスを生成できるが、「HTTPが提供しなければならないすべてに、アクセスできるわけではない。そして大変フラットなモデルでRPC指向である。一方Webはそうではない。Webは、リソースの大変豊富なセットです」と氏は言う。

WCFは、HTTPリクエストとレスポンスを前処理するためのヘルパーAPIを持っており、引数のパースや操作をすべて行い、更に処理するために、後で転送できるオブジェクトのHTTP情報を暗号化する。これによって、ユーザが望むなら、ユーザはHTTP内部を直接処理する必要がなくなる。このフィーチャは、またJSON、 Atom、Odataなどのデータ フォーマットのメディア-タイプ フォーマッターとしてのプラグイン機能を提供する。WCFは、そのままで、これらのいくつかをサポートするが、ユーザは、独自のフォーマッターを追加することができる。

新しいWCFは、すでに作られていて、Block氏は、それを使ってサンプルコードをデモしたが、フィーチャセットとWCFがどうようになるかは、まだ確定していない、と話した。Microsoftは、近い将来CodePlexでフレームワークの最初のバージョンを公開予定で、コミュニティがテストし、フィードバックできるので、それによってWCFの将来が決まって行く。PDC 2010でもっと詳しい話が聞ける。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。