BT

SOAは奇跡の復活を遂げるとBurtonが語る

| 作者: Boris Lublinsky フォローする 1 人のフォロワー , 翻訳者 大田 緑 - (株)チェンジビジョン フォローする 1 人のフォロワー 投稿日 2010年11月17日. 推定読書時間: 2 分 |

原文(投稿日:2010/11/09)へのリンク

SOAは終わったと宣言されてからほぼ2年経ち、Burton Groupは考えを変え、今ではSOAがカムバックする予定だと書いている。

BurtonのChris Howard氏を引用して、Maxwell Cooter氏は 次のように述べた。 :

... 今は環境が違います。[SOA] がカムバックするのにはいくつかの理由があります。SOAは今でも必要ですが、技術的な問題として主役から外されてきました。それは、ITが変換手法としてSOAを売り込むのに失敗したからです。SOAプロジェクトは、技術に集中すべきことが多すぎて失敗しました。また、ここ数年の経済環境の中で、主要な変換プロジェクトは止めさせられました。

Cooter氏によると、

... これらの企業は、ビジネスケースとしての場合を除いて、技術としてSOAについて話すことを止める必要がありました。技術者たちは、技術第一の解決策というよりもむしろ、アーキテクチャ的なアプローチとしてSOAを変えなければなりません。サービス指向環境では、設計において高いレベルの抽象化が必要です。そのため、基礎的な技術から切り離さなければなりません。

David Linthicum 氏はBurtonのレポートを非難し、最初のSOAの失敗は、ほとんどの部分でSOA技術 (すぐに使えるSOAとしてのESB) を売り込みすぎたからであり、アプローチ自体の失敗ではないと述べた。Linthicum氏の意見では、SOAは優れたエンタープライズアーキテクチャ、ビジネス/ITの連携、クラウドコンピューティングの効果的な使い方等を含む、多くのことの基盤だ。

Linthicum氏によると、

SOAの中心となる目的は、最終状態のアーキテクチャを提供するような方法を定義することです。このアーキテクチャは、ずっと自由に変更できて、そのため、非常に機敏になり、最終的にビジネスにより多くの価値を提供します。

ここ数年間、エンタープライズビジネスアーキテクチャの機能分解に基づくアーキテクチャのスタイルとして、InfoQはSOAの普及を促進し、エンタープライズビジネスサービスとビジネスプロセスという2つのハイレベルな抽象化を紹介している。エンタープライズビジネスサービスは、(エンタープライズのビジネス機能と協調した) 既存の能力を表す。ビジネスサービスをうまく組み合わせたビジネスプロセスは、ビジネス全体の機能を定義する。このアーキテクチャのスタイルは、実際の実装で使われる技術に関わらず、数多くの現在、そして未来の実装の基礎となるものだ。アナリストたちが、再び、私たちの意見を共有しているのは素晴らしいことだ。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT