BT

InfoQ ホームページ ニュース CBDI-SAEリファレンス フレームワークは、進化し続けている

CBDI-SAEリファレンス フレームワークは、進化し続けている

ブックマーク

原文(投稿日:2010/11/03)へのリンク

CBDIが 2010年9月の Journal Reportで CBDI-SAEのリファレンス フレームワークの歴史と進化について述べている。 CBDI-SAEのリファレンス フレームワークは、この数年、イベント駆動アーキテクチャ(EDA), リアルタイム ビジネス インテリジェンス(BI) そして クラウド アーキテクチャ パターン、更に継続的改善ベースのプロセス原則を取り入れることによって、進化してきた。

歴史

CDBIは、EAの実践者に適正レベルの詳細を提供するとともに、クロス-ドメインの問題を処理することによって、CBDI-SAEのリファレンス フレームワーク によって、これまでのEAフレームワークを超えた、と主張している。既存の環境と標準、配布可能なテンプレート、リファレンス アーキテクチャとポリシー例、ワーク ブレークダウン ストラクチャー(WBS)、見積りガイドライン、そして完全なライフサイクル プラクティスを拡張するアクセラレータとコンポーネントを含むことによって、これまでのEAフレームワークが提供するオントロジーとプロセスを超えた。設計とアーキテクチャの品質に妥協すること無く、頻発する変更を管理する構造化されたアプローチは、大規模で非常に複雑なアプリケーションのために文書化されている。

進化

スコープは、より新しいアーキテクチャ パターンと近代的なプロセス原則を含むように拡張されている。SOAにおけるイベント駆動アーキテクチャ(EDA)を使うガイダンスが CBDI-SAEのバージョン3に含まれており、サービス指向のビジネス インテリジェンスは、2005年10月の Journal Reportに載っている。 CBDI Journalの2010年4月号で、 Lawrence Wilkes氏が「クラウド サービスのためのサービス ポートフォリオ計画とアーキテクチャ」という題の報告の中で、クラウド ベースのサービスの統制を改善するための分類学、ポリシー タイプと技法について述べている。

今やプロセス原則は、近代化し、2方式から成り、契約ベース、プラットフォーム非依存、アジャイルと構造化、繰り返し可能、トレース可能を含んでいる。報告は、これらの原則のそれぞれについて、詳細な考察を行っている。

継続的ビジネス変化 として参照された原則の近代化は、 Zapthink 2020の中心的な概念だった。 契約ベースの原則は、仕様概念と他のメタモデルと違ったフィーチャを導入した CBDI-SAE の中心である。 2方式から成るパターンは、共有されるサービスとソリューション固有サービスの2つのライフサイクルを別ける戦略を提供する。下図は、アジャイルの近代的プロジェクトへのフェーズとプロジェクト手法を表現したWBSを反映している。

アジャイルの近代的プロジェクトに概要されているプロセスは、一連の統制の基準と成果物によって順に、統括し、制御できるITILサービスのライフサイクルにマップできる。この関係は、下図に示されている。

著者は、アジャイル プロセスが構造化され、繰り返し可能で、トレース可能であることを保証することを裏付けるために作られるべき、さまざま成果物をリストにしている。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。