BT

Java 7とJava 8のJSRが承認された

| 作者: Alex Blewitt フォローする 4 人のフォロワー , 翻訳者 編集部N フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2010年12月9日. 推定読書時間: 4 分 |

原文(投稿日:2010/12/07)へのリンク

最近のJava JSRの結果は、受けが良く、全て承認された。ただし、Apacheだけが全て反対票をいれた。 Google と Tim Peierls氏は、Java SE 7 と Java SE 8の JSRに反対票を入れた。議論中のTCKのライセンス問題と現場での制限を支持してのことである。

そのコメントを読むと、面白い。 Steven Colebourne氏がそれらを 1ページにまとめている。大多数はTCKに賛成票を投じているが、コメントは、全部がライセンス問題を批判している。

  • Google: ライセンス条項のために反対票を投じた
  • SAP AG: Java 7を今前進させる事は、重要と思うが、Apacheが言っているTCKに関する、Oracleの決定については、我々は反対を表明したい。
  • Eclipse: Javaのライセンシングに関する問題が解決されないことに、がっかりしている
  • RedHat: ライセンス条項とスペック リードがもっとオープンなライセンスを採用しないことに、非常に失望している
  • Credit Suisse: ライセンス条項に関する現在の戦いで、Javaは、実際オープンな標準でないことが、よくわかった

また多くのコメントがJavaプラットフォームを現在の停滞した位置から前進させるために、彼らは、しぶしぶJSRに賛成したことを物語っている。更に、モジュール化が Java SE 7 と Java SE 8の両方の議論の中で、批判され、特に Java SE 8 JSRにおいて、OSGiとの互換性を強く望まれた。

また実際には投票できるほど進んでいないのに、包括的な Java SE JSRが投票の対象になったのは、始めてである。最近、プロジェクトCoinやLambdaの開発が非常に進展し、Java SE 7に JDBC 4.1のような予定外のものが含まれることは、歓迎されることであるが、Java SE 8 JSRには、いくつものまだ始まってもいないJSRが含まれている。おそらく、 Java SE 8 の仕様が決まることには、Oracleは、例えその内容がオリジナルのものと明らかに違っても、今回の投票結果を引き合いに出して、ほとんどが賛成した、と言い張るだろう。

しかし、ライセンス問題が未解決のために、JCPを “Just Customers, Please” だと、言う人もいる。すなわち、Oracleは、JCPを真面目には考えていないようだ、言うのである。この物語の最終ステージは、ApacheのJCPからの脱退である。これは、 以前の脅しを実行に移すものである。今回が Apache FoundationのJSRへの投票の最後かもしれない。

Apache Software Foundationは、このJSRに反対票を投じなければならない。JSRの技術的内容をサポートし、Javaプラットフォームを前進させる必要性には、真剣にサポートするが、我々は、道義上、このJSRに賛成できない。その理由は、以下の通りである。

  1. このJSRのTCKライセンスは、「現場における」制約を含んでおり、これが独立した実装の通常かつありふれた使用を制限している。ライセンス要素は、JSPAによって禁止されているばかりでなく、いくつかの場合には、Oracleを含んだ、JCP ECの大多数のメンバーによって全会一致で拒否されてきたものである。我々は、なぜOracleがそのような要素を含んだのか、憶測することはできるが、オープンな仕様化エコシステムは、いかなる組織の商業的利益とは、無関係でなければならないし、また守られなければならない、と我々は信じている。
  2. プロセス的に、このJSRは、自分自身のTCKライセンスと矛盾している。JSRは、Java SEは組込み向けのデプロイをターゲットにしている、と明言している。しかし、TCKライセンスは、特に、テストされた実装とは無関係な使用(例えば、ネットブック)を禁じている。我々は、このことが潜在的な実装者に対して、誤って法的な罠に導くものであることを知っており、TCKを合格した、あらゆる独立した実装は、実装者により適していると考えられたら、例えどんな条件のもとでも、使用することができ、配布することができなければならない、と信じている。
  3. スペック リードは、上記の両方に対する説明を複数のECメンバーから繰り返し求められてきたが、無視してきた。
  4. スペック リード、Oracleは、JSPAの義務に違反している。その理由は、Apacheに、自分たちの選択の条項の下で、その独立した実装を配布することを許す条項に従って、Apache HarmonyにTCKライセンスを提供し続けている、からである。JSPAの契約上の義務に、故意に反するものは、JCPに正当なメンバーとして、参加を認められるべきではない、と我々は信じる。このルールに、例外はない。

ECの決定に関わらず、前進しようとするOracleが表明した意図を理解するが、我々は、Oracleが上記の問題を解決し、JCPの枠内で、JCPのメンバーと一緒に働き続け、Javaを活気のある、進化し続けるプラットフォームにすることを強く要請したい。

Oracleは、その合意を尊重しそうにないので、Apache Foundation による声明が来週にも出そうである。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT