BT

新しい あなたは、アーリーアダプター?それともイノベーター?そんな皆様に、InfoQの新機能をご案内しています。詳細はこちら

TIOBEの2010年最優秀言語はPython

| 作者: Jean-Jacques Dubray フォローする 2 人のフォロワー , 翻訳者 笹井 崇司 フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2011年1月23日. 推定読書時間: 1分未満 |

原文(投稿日:2011/01/19)へのリンク

ソフトウェアエンジニアリングにおける過去50年間を見ると、プログラミング言語は産業界が解決すべき問題のタイプによって(Fortran、COBOL)、あるいは、当時のテクノロジーリーダーによって移り変わるものだということがわかる。今年一番シェアが伸びたのはPythonだ。

Pythonはシステムスクリプト言語の「デファクト」スタンダードになってきています(この分野におけるPerlの後継者と言ってよいでしょう)。しかし最近は、さまざまなアプリケーション領域でも使われるようになりました。特にDjangoフレームワークとの組み合わせは、Web開発者のあいだで非常に人気があります。Pythonは学びやすいため、Pythonを使ってプログラミング言語を教える大学も増えてきています。

Java、C、C#、Rubyは2010年も安定していたが、PHP、Visual Basic、JavaScriptはその支持を落としている。相対的に見ると一番伸びた言語はObjective-Cだ(100%以上の成長)。絶対数で見るとシェアが一番伸びたのはPythonだ。

ErlangやScalaといった言語は50位あたりにランクされ、Prologよりも下位にある。Groovyは0.358%のシェアで36位にランクしている。SAPのABAPが0.5%のシェアで29位にランクしているのを考えると、これは全体から見てかなり大きなシェアだと言えるだろう。

.Netや動的言語の台頭にもかかわらず、この10年、Java、C、C++のランクが安定しているのは興味深いところだ。

全体的に見ると、オブジェクト指向言語が圧倒的に優勢だ。

オプジェクト指向言語	55.8%	+1.4%
手続き型言語	39.2%	-2.1%
関数型言語		3.5%	+0.4%
論理型言語		1.5%	+0.2%

統計上は2007年以降、型のある言語が着実にシェアを取り戻している。

お気に入りの言語は何だろうか? その理由は? 次の10年、プログラミング言語はどこへ向かうとあなたは考えているだろうか?

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

あなたの意見をお聞かせください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする
コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

このスレッドのメッセージについてEmailでリプライする

ディスカッション

InfoQにログインし新機能を利用する


パスワードを忘れた方はこちらへ

Follow

お気に入りのトピックや著者をフォローする

業界やサイト内で一番重要な見出しを閲覧する

Like

より多いシグナル、より少ないノイズ

お気に入りのトピックと著者を選択して自分のフィードを作る

Notifications

最新情報をすぐ手に入れるようにしよう

通知設定をして、お気に入りコンテンツを見逃さないようにしよう!

BT