BT

InfoQ ホームページ ニュース Mercurialを使った継続チェックイン

Mercurialを使った継続チェックイン

ブックマーク

原文(投稿日:2011/02/16)へのリンク

分散バージョン管理システムの主要なメリットの一つは各ユーザが独自のバージョン管理されたワークスペースを持つことができるということである。Leon Bambrick氏は継続チェックインという手法を試している。それはビルドが成功する度にチェックインが走る、というものだ。彼は次のように書いている。

これは利口なやり方です。というのも、どんな些細な変更もすべて追跡されるからです。そして同じ理由でばかげたことでもあります。それがばかげている大きな理由は、何かが変更される度にメモ帳が開いてコミットコメントを記入するよう求められることです。

当初これはまったく鬱陶しいものですが、すぐにその精神に慣れ、世界に入り込みます。それによってより注意深く行動するようになることに気づきます。すべてのビルドに集中し、実際に自分が何をしているかにより注意深くなり、自身のタスクによりフォーカスします。

Visual Studio上でMercurialをセットアップする方法やこの実験に関する氏の考えをもっと知りたいなら、氏の個人的プロジェクトでのMercurialワークフロー(Mercurial workflow for personal projects)というブログ投稿を参照して欲しい。

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。