BT

InfoQ ホームページ ニュース Silverlight 4 の更新によりネットワーク・レイテンシ、メモリ使用率が改善

Silverlight 4 の更新によりネットワーク・レイテンシ、メモリ使用率が改善

ブックマーク

原文(投稿日:2011/02/18)へのリンク

今週、Microsoft は Silverlight の更新プログラムをリリースした。この更新プログラムではプラットフォームにおける重要な問題がいくつか解決されている。 今回のリリースは、非公式には Silverlight 4 GDR3 と呼ばれるもので、ランタイムのみの提供となっており、新機能やSDKは含まれていない。

Silverlight 開発者の間では、メモリの不具合によってインライン・テンプレートを正常に使用できない点が大きな問題となっていた。 このテンプレートを使用するコントロールは、一見正しく動作しているように見えるが、ガベージ・コレクションの対象にならないのだ。 問題のあるコードの例は、こちらのフォーラムの 2010 年 3月の投稿から確認できる。これは Silverlight チームにとっては、あまり触れてほしくない話題だ。というのも、問題が深刻なだけに多くの不評を買うことになったからだ。

この修正 (本稿の他の修正についても同様) を使用するには、ユーザ側の Silverlight を更新する必要がある。 <object> タグでランタイムの最小バージョン属性を設定すればよい。

次は、ネットワーク・レイテンシに関する問題だ。 今回の HTTP スタックに対する更新 により、ネットワーク遅延時間が最大で 90% 改善されることが見込まれる。 この更新を有効にするには、開発者のマシンでレジストリの設定を変更するか、マニフェストのランタイム・バージョンを変更する必要がある。 64 ビット OS の場合、記載されている手順とは若干異なり、下記のレジストリ・キーを見つける必要がある。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Microsoft SDKs\Silverlight\v4.0\ReferenceAssemblies\SLRuntimeInstallVersion

今回の更新プログラムには、上記のほかに以下の問題に対する修正も含まれている。

  • メディアの再生とVC-1コーデックに関するタイムスタンプの問題
  • ピクセルシェーダ効果を持つ Silverlight アプリケーションのプロファイリング時にVisual Studio IDEがクラッシュする
  • 64ビット版 OSX 上の Firefox で Silverlight を 32 ビット・プロセスとして実行できない
  • Silverlight のバージョン・アップグレード後に保護されたコンテンツを再生すると DRM エラー (6207) が発生する
  • アウトオブブラウザ・アプリケーションの名前を変更すると更新に失敗する
  • メディア・ストリームにリダイレクト情報が存在するとメディアの再生でエラーになる

この記事に星をつける

おすすめ度
スタイル

こんにちは

コメントするには InfoQアカウントの登録 または が必要です。InfoQ に登録するとさまざまなことができます。

アカウント登録をしてInfoQをお楽しみください。

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

コミュニティコメント

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

HTML: a,b,br,blockquote,i,li,pre,u,ul,p

BT

あなたのプロファイルは最新ですか?プロフィールを確認してアップデートしてください。

Eメールを変更すると確認のメールが配信されます。

会社名:
役職:
組織規模:
国:
都道府県:
新しいメールアドレスに確認用のメールを送信します。このポップアップ画面は自動的に閉じられます。